2009年04月28日

EeePC-1000HAEレビュー

今回は、ASUSのEeePC-1000HAEのレビューです。

スペックは下記の通り。

CPU:Intel AtomN280(1.66GHz)
メインメモリ:1GB(グラフィックメモリ共有)
HDD:160GB
グラフィック:内臓(メインメモリから占有)
LCD:10.1インチ 1024×600ドット
インターフェース:
 USB×3
 SDソケット(SDHC対応)
 アナログモニタ出力
 Ethernet
無線LAN:b/g
光学ドライブ:非搭載
Webカメラ:130万画素
バッテリー駆動時間:公称8.7時間
重量:1.45kg
マウス付属。LCDのドット抜けを交換してくれる保証有り。

1000HAEは、ヤマダ電機オリジナルモデルです。
一般モデルとの違いは、
Bluetooth有無(一般モデルは有り)
無線LAN規格がb/gのみ(一般モデルはa/b/g/n)
バッテリー駆動時間が8.7時間(一般モデルは9.3時間)
・・・らしいです。

バッテリーも違ったのか・・・orz
ヤマダ電機のこういうモデルの販売の仕方は、ちょっと騙しに近いものがあるなぁ。店員がそういう説明しないのは、どうかと思いますね。特にヤマダ電機は、家電量販店なので、秋葉原と違い、客の全てがPCに詳しいとは限らないんですから。
まぁ、実際に使ってみて問題がなければいいわけですがね。

で、まず、全体的な印象から。
外観は悪くない。剛性に多少問題があるかもしれないけど、3万円そこそこ程度のPCでは仕方のないところでしょう。僕はネットブックに高級感は求めていないので、高級感の欲しい人は、VAIOのPを買うでしょう。

液晶はまずまず綺麗。室内では輝度を落として使えるていどに明るい。輝度を落とせれば、バッテリーの持ちも長くなるし。
縦600画素は、今のスペックとしてはぎりぎりですね。ネットを見たり、メールをチェックする程度なら、問題はなさそう。どうせハイビジョン再生なんか、スペック上できないんだから。

USBソケットがやたら堅い。抜き差しが堅くて、間違って挿入したかと思うほど。基盤に負荷がかからないといいけど・・・。
SDソケットも微妙に堅い。斜めに隙間があるので、間違って別のカードを突っ込んだりしそうで怖い。この辺はつくりが甘い。

キーボードは、最近のソニーのように、キー1個1個が独立したタイプ。文字のうち間違いは少なくなりそう。
キーピッチとストロークは問題なし。ボディがこのサイズなのだから、これ以上はどうしようもないでしょう。手の大きい男性は疲れるとは思うけど、それはボディサイズとの兼ね合いだから、楽なキー入力を求めるのなら、大きいモデルを買うしかありません。キーボードの剛性が足りないので、キー入力の強い人は不安かも。キーボード自体のつくりもバリがあるのか、引っかかりを感じますが、使っていくうちに取れるかも知れません。
キー配置がちょっと特殊で、カーソルキーが一段下がっていないので、他のキーと区別がつかず、ちょっと使いづらい。

ポインティングデバイスはタッチパッド。
指2本や3本でのアクションが割り当てられ、これは便利。マウスには及ばないけど、マウスがなくても何とかなります。
ただ、クリックボタンは堅すぎ。
全体的にボディ剛性が足りないのに、キーやボタンが堅すぎる。この辺が、安っぽさを強調しているような気がする。

バッテリーは、Power Saving Modeだと、確かに8時間くらいは使えそう。E-Mobileで通信を確保しても、5時間くらいは持ちそうな雰囲気。ACアダプタも小さいので、普通の使い方なら十分だと思います。
通信とバッテリー重視の時は、ニコニコ動画を見るようなことは難しいかも知れませんが。
バッテリーが大きいので、ボディの厚みはそこそこあります。かばんに入れたらかさばる気はする。イメージ的には、PanasonicのRシリーズみたいな感じ。

OfficeはStarSuite8が入っていました。OpenOfficeの製品版ですね。フリーのOpenOfficeとほとんど同じですが、インストールする面倒がないのはいいかも知れません。
MicrosoftのOfficeは、結局PowerPointがないと意味がないんですよね。価格面を考えたら、これで十分だと思います。軽いし。
仕事でバリバリに使うつもりなら、Office搭載バージョンもありますが、それにはPowerPointはついていないし、2年間のライセンスのようで、価格としても微妙です。

全体として、あれもこれもやりたい人には向きません。ネットブックとはそういうものです。3Dゲームなんてもっての外です。長文作成にも向かないし、画像編集も動画編集も厳しいでしょう。
 外出先でもちょこっと文書作成くらいしたい。
 逐次、ネットをチェックしたい。
 数日の出張に、重いパソコンは持って行きたくない。
 旅行の際のデジカメ画像のストレージ代わりに。
 外で遊べる安いモデルが欲しい。
という人向けです。
それでも、Atomは7年くらい前のPentium4と同じくらいのトランジスタは入っているはずで、そう考えれば、十分すぎる性能を持っていると言えるでしょう。
メモリを追加すれば、より快適に使えると思います。メモリスロットは1つしかありませんので、2GBを別途購入して、入れ替えになってしまいますが。
一般モデルとの違いで、どこまで不便を感じるかはわかりませんが、個人的には、ほとんど影響なかったです。気になるのはバッテリーの駆動時間くらいですが、他のネットブックが大体4時間くらいですから、それに比べれば十分すぎる性能です。
ネットブック全般に言えることですが、これをメインマシンとして使うのは厳しいです。あくまでセカンドマシンとして使うこと、おもちゃとして割り切ることができる人向けです。
電子手帳と同程度の価格でPCが使えるというのは、結構すごいことですし、そう考えることができる人には、使いやすいハードになっていると思います。
ラベル:1000HAE EeePC
posted by 圭人 at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

早く潰れてください

一体、何度同じようなことをすれば気が済むんでしょうか。同じ失敗を繰り返しながら、それについての責任を負わない・・・マスコミが腐っている現状がそのまま現れていますね。

▼引用開始(YOMIURI ONLINE) 2009.04.26.
TBS報道番組でやらせ…「行きすぎた表現」と謝罪

 TBS系「情報7days ニュースキャスター」の11日の放送で、国道と大阪府道の清掃作業について、普段は行わない作業をTBS側が清掃業者に依頼、国と地方自治体の「二重行政の現場」として放送していたことが分かった。

 TBSは25日の同番組で、「行きすぎた表現があり、誤解を与えかねない表現になったことをおわびします」と謝罪した。

 問題となったのは、府の委託で府道の清掃作業を行っていた業者が、国道と交わる交差点で清掃車のブラシを上げた場面で、国土交通省近畿地方整備局から「事実誤認と考えられる」と文書で指摘された。

 TBS広報部によると、この場面は番組スタッフが業者に依頼した上で撮影した。通常の作業では、歩行者の安全などのため交差点でブラシを上げる場合はあるが、普段は作業効率を考えて国道部分も清掃していたという。
▲引用終了

あぁ、これ見ましたよ。
「本当にこんなくだらないことやってるの?」と感じつつも、行政の区割りでそうなっているのなら、お互いにそれぞれの責任範疇を守るという意味では、それほど問題な話でもないなと思った記憶があります。
国か、地方か、どちらかに集約すると効率が上がるのは当然でしょうが、じゃあ、国が作った道路の管理を、全面的に地方に押し付けていいのかという問題が出るし、逆の場合は、自治体の自治権に関わってくるでしょうから、単純に効率の問題だけで済む話ではないと思ったのです。

で、結局ヤラセだったわけですか。
この時の報道の根幹は、二重行政の現場で非効率な作業が行われているという趣旨で、その実例として報道されたわけで、それが実際のものと違えば、報道内容の根幹が間違っていることになります。
それは「行きすぎた表現」で片付けられるものではありませんし、「誤解を与えかねない表現」で済む話ではありません。誤解を与えるように、わざわざ捏造したのですから。
虚報を行い、その根拠が捏造されたものということは、報道としての価値が全くありません。マスコミは、報道を通じて「情報という商品」を提供するのが仕事です。その商品が贋物で、なおかつ不良品ということなのです。それを作り出すのを、組織ぐるみで、わざとやっているのですから、賞味期限の偽装どころか、産地偽装、材料偽装のメーカーと同等の失態です。
報道はバラエティとは違いますから、報道の根拠を捏造することを「演出」で片付けることはできません。
それとも、TBSはバラエティを報道の名の下にやっているのでしょうか?
いずれにしても、実際の商品が主張するものと違うのですから、社長の首を飛ばすなり、番組を潰すなり、さっさと責任を取っていただきたいですね。
あぁ、そうだ。社長の首なんていりませんから、とっとと潰れてください。
ラベル:TBS 捏造 報道
posted by 圭人 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず自分達がやったらどうですか?

やっと仕事が一段落つきそうです。
長い2か月でした・・・。

*

ネットブックを買いました。
やはり、今持っている13.3インチのVAIOノートは重くて持ち歩きが大変だし、バッテリーも持たないので、安くてバッテリーの持つものを・・・ということで、ASUSのEeePC-1000HAEを買いました。最近出たEeePC-1000HEのヤマダ電機専用ローコストモデルです。無線LANがa/nに対応していない(b/gオンリー)のと、Bluetooth非搭載というのが違いのようです。それで、実売数千円の差なので、ローコストモデルにしました。Bluetooth使ったことないし、ネット接続はE-Mobileでするつもりだったので、これでいいかなと。
この文章もそのEeePCで書いてますけど、性能的には十分ですねぇ。
キーボードの剛性が低いとか、各種スイッチ類の感触が妙に硬く引っかかる感じがするとか、ところどころ安っぽい造りの部分はありますが、全体的には、必要十分な性能を確保しています。
こういうモバイルを前提としたパソコンは、重量の軽さとバッテリーの持ちが一番重要な項目だと思うので、こういうPCは大歓迎です。
そのうち「趣味」のカテゴリでレビューするかも知れません。
個人的には、東芝やNECがもっとバッテリーが持てば、そっちにしたかったんですけどね・・・。

*

アイドルグループ『SMAP』の草なぎ剛(「なぎ」は弓偏に剪)が酔っ払って全裸になって逮捕された件。
34歳にもなって、草なぎさん、なにしたはるんですか。
「飲まなきゃやってられない」って時は確かにあるだろうし、それ自体は否定しませんけど、それでも最低限のルールを守るのが大人というものなので、全裸になった結果、仕事を干されるのも、非難されるのも、本人の責任です。
マスコミは、自分達の社員が酔っ払って起こした不祥事は隠蔽するくせに、今回は大騒ぎですね。まぁ、ニュースバリューがあるのは、草なぎの方でしょうけど。そういえば、今回は稲垣の時と違って、いきなり「容疑者」でしたね。ジャニー喜多川の影響力もそこまでは及ばなかったのか、もともと草なぎはジャニー喜多川の好みじゃなかったのか。
まぁ、このニュースは1回見ればどうでもいいニュースではあります。釈放されたとか、どうでもいいです。
「酒は飲んでも飲まれるな」です。

*

一人で飲みに行くことが多いので、たまに、隣に座った別のお客さんと話するんです。
酒の席では、政治と宗教の話はご法度なのですが、稀に、そういう話が出てきて、避けられない時があります。
以前あったのは、妻子ありサラリーマンがお花畑だったのですが、今回は、専制国家希望という、なかなかすごい人でした。
まぁ、仰っていることはわからんでもないんです。
今、ワーキングプアと呼ばれる人達の給料と比べると、政治家や官僚の給料は高いです。公僕というのなら、彼らの給料こそ、国民より下でなければならないのではないのか・・・。
その主張には、官僚や政治家がどういう仕事をしていて、それは誰にでもできる仕事なのか、どういう能力が必要で、どういう価値を生み出しているのか、そういう視点がすっぽり抜け落ちているので、実際にはお話にならないんですが、そう主張する人がいるのは、仕方がない面もあるんでしょう。
ただ、今の政治家は、国民の代表として選ばれたわけです。彼らが代表者として選択し、進めてきた政治が今の状況なのです。
民主主義というのは、どこか悪いからといって、いきなり大変革を起こすような政治体制ではありません。緩やかに変わっていきます。政権交代も、政治の実権を握るグループが変わるわけですから、「合法的手段で穏やかに実行される革命」といえるかも知れません。
「自分ならいい政治ができる」と思うのなら、立候補して当選して、段階を踏んで総理大臣になればいいんです。「今の政治が不満だから、俺は好き勝手やるぜ」というのは、北斗の拳の世界を望むのと同じです。今の日本で、そんなことを望む人はいないと思いますが・・・。
世の中いろんな人がいるなぁと思った次第です。

*

民主党の鳩山幹事長がニコニコ動画に出演した際の発言について。
僕も実際にこの動画を見ました。
よく出演しましたよね。どう考えても、有権者を敵に回す発言だとしか思えないんですが・・・。あぁ、民主党の有権者は、在日韓国・朝鮮人なんでしたっけ?
冗談でなく、本気で言っているのが痛すぎます。民主党は、よくこんなのを幹事長に据えていますよね。

*

さて、このところ、プラスポイントを重ねて、失点が見られない麻生首相。民主党とマスコミは、こういう事で政権を批判するようになりました。

▼引用開始(YOMIURI ONLINE) 2009.04.26.
「世襲」衆院選の争点に急浮上

 親族の地盤や看板などを受け継ぐ「世襲」候補の立候補制限が衆院選の争点として急浮上している。

 世襲議員の多い自民党と、比較的少ない民主党との間で、対応に違いがあるからで、議論は過熱気味だ。

 ◆「民主主義弱める」◆

 民主党の岡田克也副代表は25日、熊本県菊池市で講演し、「世襲は日本の民主主義を弱めている。世襲を認めない民主党、認めるべきだという自民党と違いが出ている」と訴えた。

 地盤(後援会組織)、看板(知名度)、かばん(資金力)を親族から受け継いだ候補者は、有利な条件で選挙を戦えるとされる。

 このため、選挙基盤が安定し、新人議員のころから政策立案などにじっくり取り組めるなどの利点がある一方、「苦労、我慢知らずで線が細い」といった厳しい評価もある。国会議員が「家業」になることで、様々な経歴を持つ多様な人材を政治の分野で生かしにくいとの指摘もある。

 岡田氏が本部長の民主党政治改革推進本部が党所属国会議員に行ったアンケート調査では、世襲議員の立候補制限への賛成が78%に上っており、同本部は23日に、立候補制限を次期衆院選の政権公約(マニフェスト)に盛り込む方針を決めた。今後、党の内規で、国会議員の子や配偶者など一定の親族が同じ選挙区から連続して立候補することを制限し、親族の範囲は「3親等以内」とする方向だ。

 民主党の世襲衆院議員は全111人中16人(読売新聞調べ)。衆院選立候補予定者を加えても26人で、同党は「弊害は極めて少ない」(菅(かん)代表代行)として、自民党との差別化を図る構えだ。

 ただ、小沢代表は2代続けて、鳩山幹事長は曽祖父以来4代続けて国会議員。公約では、現職の立候補制限は行わない見通しのため、鳩山幹事長の実弟で、自民党の鳩山総務相は「自分たちは腹いっぱいメシを食うけど、生まれてくる子どもたちは『食糧危機だからおかわりはダメ』と言うような話だ」と批判する。

 ◆3分の1が該当◆

 一方の自民党。

 世襲制限の公約化の先頭に立つ菅義偉(すがよしひで)選挙対策副委員長は5月の大型連休明けに世襲制限の具体策を考える勉強会を発足させる方針だ。働きながら大学を卒業し、国会議員秘書などを経て衆院議員になっただけに、「党の体質が国民に嫌われている」と危機感を隠さない。一部の幹部や若手議員らが同調し、同じ選挙区内での親族候補の出馬制限を党の内規で定めるなどの案が浮上している。

 しかし、自民党の世襲衆院議員は107人と、党所属衆院議員(303人)の3分の1を超える(読売新聞調べ)。父も衆院議員だった高村正彦・前外相は「(中国最高実力者だった)トウ小平は『黒い猫でも白い猫でも、ネズミを捕る猫がよい猫だ』と言った。2世だろうが、たたき上げだろうが、国民のためになる政治家はよい政治家だ」と指摘する。

 「世襲」のレッテルを張られて選挙戦に影響することへの懸念も強い。一方で、「とりあえず制限を公約にした方が争点がぼけて得策」との見方もあり、自民党内の調整は難航必至だ。

 舛添厚生労働相は24日の記者会見で、「選挙の争点にして、人気取り競争というのはしっくりしない」と、世襲論争に懸念を表明。その上で、「有権者は政治家の質を見て判断する。看板、地盤、かばんが意味を持たない時代だ」と語った。

          ◇ 

 読売新聞は原則として、〈1〉兄弟姉妹、父母、祖父母など候補者本人の3親等以内の血族と配偶者に国会議員がいる〈2〉配偶者の兄弟姉妹、父母、祖父母など2親等以内の姻族に国会議員がいる――のいずれかで、かつ選挙地盤または政治家としての「看板」を引き継いでいる場合を世襲と定義している。
▲引用終了

まず、こんなことがいつから争点になって、しかも、議論のネタとして急浮上したのか知らないんですがね。こんなどうでもいいことを議論するくらいなら、他にやることはいっぱいあるし、皆さんそうお考えだったんじゃないのかと思うんですが、私が知らないだけなんですか?

政治家としての価値は、世襲かどうかではなく、いかに良い政策を生み出し、実行するかに懸かっています。世襲かどうかなど、有権者は気にしていません。
父親や祖父が政治家だったとしても、実際に当選しなければならないのは本人です。
世襲議員でも、能力があればいいし、叩き上げでも、馬鹿は願い下げです。個人的には、献金を自分の不動産にして私腹を肥やし、外国からの圧力に尻尾を振るような党首や、ネットの公開放送で馬鹿な発言するような低脳な党幹事長、敵性国家にいいように操られている変態議員は遠慮したいですね。

世襲を批判するのなら、民主党は、小沢代表も鳩山幹事長もダメだし、菅直人代表代行が息子である菅源太郎氏を衆院選に出馬させたのもダメですよね?
鳩山氏は祖父が首相を勤めたくらいですし、ご本人が「世襲禁止」に積極的なんですから、率先して辞職なさるべきでしょう。
まず、選挙の争点にするのなら、そういう世襲議員を排除してから主張してくださいな。

それにしても、こういうネタでしか議論ができなくなっているとは、民主党も本当に末期ですし、こんな煽りをするマスコミも低俗です。だからマスゴミって言われるんですよ。
posted by 圭人 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

北朝鮮のミサイル発射問題について

お久しぶりでございます。
新しい期に入ったところで、急に忙しくなってしまいました。
ちょっとだけ出世もしたのですが、今のところ、僕の勤める会社は、上に上がれば上がるほど割に合わない状況なので、嬉しさ半分といったところでしょうか。ただ、今のような経済状況では、上に上がるほど割に合わないというのは、日本においては、正しい企業の在り方ではあると思います。他の国では無理でしょうけどね。

*

まず、地震に見舞われたイタリアと被災者に、心よりお見舞い申し上げます。
忙しくてあまりニュースを見ていませんが、支那の四川省の地震の時ほど大騒ぎになっていないのはなぜでしょうか。支那の時は義捐金要求が煩かったのですが、今回のイタリアの地震で義捐金を求めるのは見たことないですねぇ。
あ、支那が発展途上国だからというのは言い訳になりませんから。外貨準備高が日本より大きく、有人宇宙飛行も行い、核兵器を大量に保有し、周辺国を恫喝している発展途上国ってありえないでしょう。

*

北朝鮮がミサイルを発射しました。
結果として、日本の領土・領海に被害がなくて良かったです。
その『テポドン祭』に関連したニュースを取り上げます。

まずは古いネタですが、こちらから。

▼引用開始(時事ドットコム) 2009.04.07.
日本の核武装「人類破滅に」=対北、冷静対応を−自民・山崎氏

 自民党山崎派の山崎拓会長は7日夕、都内で開いた同派パーティーで講演し、北朝鮮のミサイル発射を受け、日本の核武装や、発射基地への先制攻撃に前向きな意見が党内の一部にあることについて「誠に憂慮すべきだ。極端に言えば人類を破滅に導く議論だ」と厳しく批判、冷静な対応を求めた。
 山崎氏は「核武装論を日本が言い始めたら北朝鮮の核武装を是認することになる」と指摘。対北朝鮮外交に関し「6カ国協議の再開に向けて対話の努力をした方がいい」と語った。同日発表した同派の政策提言には、北朝鮮問題に関し「圧力のみならず対話を模索して解決に努め、日朝国交正常化を目指す」と明記した。
 山崎氏はこれに先立ち、国会内で河村建夫官房長官と会い、中国と韓国を訪れ、北朝鮮問題で意見交換したい考えを伝えた。
▲引用終了

山崎氏の考えていることが良くわかりません。氏は、この発言を聞いた日本人がどう思うのか、理解しているのでしょうか・・・。理解していて発言している可能性があるところが、僕が山崎氏を非常に嫌う理由の一つではあるのですが。
山崎氏は、北朝鮮と今までやってきた対話は何だったというのでしょう。話し合いをひたすら無視したのは北朝鮮ですし、今回のミサイルにしても、支那やロシアからも「控えた方がいい」と言われた中で発射されたわけで、国際世論を相手になどしていないことは明白です。これ以上、何の対話をするというのでしょうか。
更に、中国や韓国を訪問して北朝鮮問題で意見交換する・・・もう、こういう人を海外に出すべきではありません。
政治家としてももう既に終わってしまったからこそ、この発言なのかもしれませんが、自民党は早々にこの人物を切るべきだと思いますよ。

*

日本が独自に核武装をするべきかどうかについて、議論は必要です。
核武装肯定派の意見としては、「核武装でもしなければ、抑止力として不十分」というものや、「日本のような経済力と影響力を持つ国が、北朝鮮の核兵器に腰砕けでは、却って世界にマイナスである=だから核武装すべき」というものがあります。
一方、核武装否定派の意見には、非核三原則を楯に「日本が核を持つのは何が何でも反対」という意見と、「メリットとデメリットを比較してデメリットが大きすぎる」という意見があり、否定派の意見は、発言者によって立ち位置がかなり違います。
しかし、こういう議論はあって然るべきで、「何が何でも核武装!」とか「何が何でも非核維持!」といった意見で固まってしまうのは良くありません。
議論した結果として、現実的な判断をすべきです。
個人的には、メリットとデメリットを比較した上で、日本ほどの国力を持った国は、そのデメリットをあえて背負う義務があるし、核兵器を保持する資格があるのは、被爆国である日本しかないと思いますが、だからと言って、否定派の意見が無駄だとは思いません。

また、国際連盟脱退を主張する議員もいるようですが、まぁ、こういう意見があるのも当然でしょうけれど、現実的ではないなと思います。
もちろん、莫大な国連への拠出を求められ、それを律儀に守る日本に対して、未だに敵国条項すら削除しない国連の対応が面白いわけありませんし、僕はそんな国連に期待などしていません。
しかし、こういう交渉事は、席を蹴ってしまった方が負けです。いくら日本が先制攻撃できないといっても、他国が攻めてきたら戦わなければなりませんが、その大義名分を日本に引き寄せるのは、国際的な舞台でなければなりません。国連は、その一番大きな舞台として機能するわけですから、自ら役者を降りる必要はないでしょう。日本は「かわいそうないじめられっこ」を演じていればいい。
拠出金の見直しに言及するだけでいいと思います。どうせ、日本と米国がいなければ、国連など機能しないのですから。

*

さて、もう一つ、ミサイル関連ニュースを。

▼引用開始(asahi.com) 2009.04.08.
ブースター回収「耐え難い軍事的挑発」 北朝鮮軍が非難

 【ソウル=稲田清英】北朝鮮のミサイル発射で、日本政府が実態解明へ日本海に落ちたブースターの回収を検討していることに対し、北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は8日、「内政干渉であり、自主権を侵害する耐え難い軍事的挑発だ」と強く非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

 回収をめぐっては浜田防衛相が7日の参院外交防衛委員会での答弁で、「回収できる状況であれば、回収した方がいいと思う」と述べ、前向きに検討する考えを示した。
▲引用終了

1段目が日本の排他的経済水域に落下しているのですから、引き揚げる権利は日本にあります。
日本の排他的経済水域にゴミを落としておいて、どこをどう解釈すれば、「内政干渉」などという言葉が出てくるのやら・・・。すごい言い草ですね。
そもそも、北朝鮮に引き上げる能力があるとは思えませんがねぇ。

引き上げには600万〜2000万円ほどかかるという報道がありますが、2000万円で引き上げられるのなら、日本が税金で引き上げる価値はあると思います。
過去、北朝鮮の不審船を引き揚げた際も、いろいろな情報が手に入りました。どういうミサイルなのかがわかる可能性があるんですから、メリットは大きいです。
日本政府が引き揚げてくれることを期待します。
posted by 圭人 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。