2009年05月28日

EeePC-1000HAEメモリ交換について

検索で新規にお見えになる方が多いようですが、そのほとんどの方が、EeePC-1000HAEのレビュー記事を目指してお見えのようです。
性能とか使用感については、過去のエントリーを参考にしていただくとして、検索語句に「メモリ」の文字が散見されるので、もしかして、メインメモリの追加について期待をされているのではないかと思い、詳細を説明されているサイトをご紹介します。
ただし、当記事にしろ、リンク先にしろ、メモリ交換は改造に当たりますので、あくまで自己責任でお願いします。
万が一、メモリの増強に失敗したり、ハードやソフトが壊れても、責任は負いませんので悪しからず。
意味がわからない人は、止めた方がいいでしょう。っつーか、止めてください。
また、リンク先の著作権は、リンク先のサイトの方にありますので、その点も理解してくださいね。

ASUS Eee PC 1000HE メモリ 増設 2GBPonta Diary様)

僕もメモリは増強しました。アイオーデータは、自社のサイトで対応を明記しているので、一応そちらを買いましたが、実際はバッファローでもトランセンドでも大丈夫でしょう、多分。

交換手順の詳細は、リンク先をご覧ください。まぁ、蓋を開けて、メモリを差し替えるだけですから、静電気にさえ気をつければ簡単な作業です。
1GBのメモリを2GBのメモリへ差し替えるだけですから、もともとのメモリは使えません。修理の際に必要になるそうなので、残しておきましょう。デュアルチャンネルも使えません。この辺は残念ですが、ネットブックの宿命でしょうね。
メモリの交換自体は簡単ですが、僕の場合、2GBへ増強直後、そのままではメモリは1GB(実際の表記は0.99GB)のままでした。こういう症状の人は結構いるのではないかと思います。
実は、BootBoosterという機能を使用しているため、これを一旦解除しないと、メモリが正常に認識されません。この問題を解消するためには、BIOS設定を変更しなければなりません。解除後、再起動すれば、メモリは2GB認識されますので、BootBoosterを利用したい場合は、再度、BIOS設定を戻せばOKです。
BIOSの設定は、なかなか気づかない点だと思います。
「正常に認識しない」とお困りの方は、一度、お試しになってはいかがでしょうか?

ただし、くどいようですが、あくまで自己責任で!
posted by 圭人 at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュースいろいろ

韓国の盧武鉉前大統領が亡くなりました。
遺書が残っているので自殺ではないかとの事ですが、汚職疑惑があって、いつ逮捕されてもおかしくなかった上、北朝鮮との関わりも疑われる人物だけに、色々な憶測を呼びそうですね。
個人的には、盧武鉉前大統領は、汚職ごときで自殺するほど、清廉な精神を持ち合わせた人物ではないのではないのかと思いますが、まぁそれは、結局マスコミが報道したものを見ていただけですから、本当のところはどうかわかりません。
まぁ、いずれにしても、自分の汚職で自殺したにしろ、陰謀によって殺されたにしろ、個人的に同情する気にはなれませんね。死人に鞭打つつもりはありませんが、冥福を祈るほど、僕は人間できていません。かといって、「ざまぁみろ」とも思いません。
それにしても、韓国の大統領って、ことごとく不幸ですね。何かの罰ゲームなんでしょうか?

*

中央大学の教授が大学内で殺害された件。
容疑者は逮捕されましたが、動機がさっぱりです。
大学の研究室の教授なんて、卒業したらほとんど会わないですよ。
就職が思うようにできず、被害者の教授にしつこく相談していたらしいですが、就職も、本人がきちんとしていれば、教授のコネなどなくても就職できます。教授のコネをアテにしているのなら、そもそもその考え方が間違っています。
まぁ、そんな常識的な考え方ができるなら、卒業してからかなり経って、恩師を殺そうなんて思わないでしょうけど。

*

最近、パチンコもやたらと漫画やアニメを題材にしたものが増えました。
「エヴァンゲリオン」はかなり前からありましたけど、さすがに「おぼっじゃまくん」にはドン引きです。
僕はパチンコもパチスロもしないんですよ。朝鮮系に寄付するのは馬鹿馬鹿しいし、そもそも、あの、絵を合わせるシステム自体が、コンピュータに馬鹿にされているようで、ハッキリ言って腹が立つので。
「おぼっちゃまくん」は、小林よしのり氏の作品ですが、小林氏といえば、「ゴーマニズム宣言」や関連書籍で、かなり右派に偏った意見を漫画にしていました。書かれている内容自体は、正論の内容もありましたし、そういう意見が出ること自体は不自然なことではありません。
しかし、そういう主張をしている人が、経営者の8割が朝鮮半島系と言われ、北朝鮮の資金源と疑われている(というより、ほぼ事実な)パチンコ・パチスロ業界に自分の作品を売り渡すというのは、例え小林氏本人がどう思っていようと、小林氏の主張に説得力が無くなってしまうのは避けられないでしょう。
僕は、パチンコやパチスロはギャンブルであり、違法賭博であると思っています。パチンコ、パチスロにに否定的な考えを持っていますので、「北朝鮮への送金を日本政府が止めればいい」とか「メーカーの京楽産業は日本企業だ」という小林氏の主張は、詭弁でしかないと思います。
勿論、公営ギャンブルとしてきちんと運営するならいいですよ。その場合、高い税金を払ってもらいますし、経営する場所が限られるため、かなりのパチンコ店は潰さざるを得ないでしょうけどね。

*

北朝鮮の核実験。

国民が飢えているのに、核実験には金を使う・・・サダム・フセインどころじゃない腐れ外道ですね。
北朝鮮という独裁国家が核兵器を持つというのは、それこそ金正日という豚がトチ狂ってミサイルのボタンを押せば、核戦争にだってなりかねないって事なんですよね。
まだ、核弾頭の小型化に成功したわけではないようですが、日本を射程に捉えるノドンは、スカッドミサイルをベースとしており、精度はそこそこあります。
飽和攻撃を食らったらどうしようもなくなるミサイル防衛は、あくまで最後の手段であり、核生産施設を叩き潰すのが、日本の防衛上(というより、東アジアの安定のために)必須ではないかと思うのですが、どうでしょうか。
北朝鮮の核兵器は、物騒すぎて容認できません。経済制裁も強化すべきですが、さっさと全ての対北朝鮮輸出入停止、金銭の送金停止、入国拒否を行い、朝鮮総連に破防法を適用し、ガサ入れすべきだと思います。
posted by 圭人 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

誰がなっても期待できない

今日は暑かったです。
陽射しがジリジリと肌を焼き、まるで真夏のような陽気でした。
今年の春は、急激に暑くなったかと思ったら、一気に冷え込み、それが納まったかと思えばまた暑くなり、体がその気温変動についていきません。
早くもバテ気味です・・・。

*

小沢民主党代表が、代表職を辞任しました。
野党の代表を辞任しただけで、特にどういうこともないのですが、ニュースでは小沢氏辞任の文字が踊っているので、世間は結構大騒ぎなのでしょうか。
麻生首相は、小沢氏の辞任と解散・総選挙に直接関係はないと述べたようですが、当たり前っちゃあ当たり前の話です。

▼引用開始(NIKKEI NET) 2009.05.11.
首相、国会大幅延長を示唆 小沢氏辞任「解散に直接関係せず」

 民主党の小沢一郎代表の辞任表明を受け、麻生太郎首相は民主党新体制の陣容や世論の反応を見極めながら衆院解散・総選挙のタイミングを探る考えだ。首相は11日、2009年度補正予算案と関連法案などの今国会成立を期すため、6月3日に会期末を迎える今国会の大幅な延長を示唆した。

 首相は衆院解散について「小沢さんの辞任と直接関係することはない」としたうえで「補正予算案が通ることが大前提」と指摘した。消費者庁設置法案や海賊対処法案などの重要法案にも触れ「極めて重要な法案だ。すっ飛ばしてでも(選挙を)やるという意見は聞いたことがないし、私の感覚とは違う」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 与党は7月中下旬までの会期延長を検討する構えだ。補正予算案と関連法案は今週中にも衆院通過する見通し。野党が参院で関連法案の審議を引き延ばした場合、憲法の「60日ルール」を使った衆院再可決も視野にいれる戦略だ。
▲引用終了

マスコミも、ちょっとは解散から離れればいいのにと思ってしまいます。
民主党の小沢代表を中心に政治が回っているわけではないのですから、小沢氏の辞任と衆院の解散に因果関係があるわけがありません。
重要法案が目白押しですし、
どちらかといえば、小沢氏が代表の座にしがみついていてくれる方が、自民党にとっては有利だったはずですし。
13日は党首討論を予定していたはずで、結局逃げたわけですね。本当にどこまでもガキな政治家だなぁ。

で、民主党は代表を選挙で決めるわけですが、名前が挙がっているのが鳩山兄とジャスコ岡田っていうのがもうね・・・。

▼引用開始(時事ドットコム) 2009.05.12.
鳩山氏が出馬を検討=岡田氏擁立の動きも−16日に新代表選出・民主

 民主党は12日夕、党本部で両院議員総会を開き、小沢一郎代表の辞任を了承し、後任を選出する代表選を16日に行うことを決めた。これに伴い、党内の動きが活発化。鳩山由紀夫幹事長は総会終了後、自身の出馬について「虚心坦懐(たんかい)に考えたい」と述べ、前向きに検討する考えを明らかにした。岡田克也副代表を擁立する動きも出ており、両氏の判断が当面の焦点だ。
 鳩山氏は、記者団の質問に答え「挙党態勢をつくることが一番肝要だ」と強調。「自分自身が適当かどうか真剣に考えながら、できるだけ早い時期に結論を出す」と述べた。
 これに先立ち、鳩山氏に近いグループは12日午後、同氏が欠席する中、30人余りが集まり対応を協議した。出席者から出馬を促すべきだとの声も出て、同氏を中心に結束を図ることを確認した。鳩山氏は、大勝した2007年7月の参院選を指揮した小沢氏を一貫して支えてきたことから、参院側でも推す声が上がっている。
 一方、岡田氏は12日、国会内で記者団に「熟慮中」と改めて述べた。ただ、前原誠司副代表や野田佳彦広報委員長を中心とする各グループ内で岡田氏の出馬を期待する声が広がっており、前原氏に近い玄葉光一郎衆院議員は記者団に「岡田氏が代表にふさわしい」と述べるとともに、既に岡田氏に出馬を要請したことを明らかにした。これに関連して、前原氏は自身の対応について「代表選に出ることは考えてない」と不出馬を明言した。
 また、菅直人代表代行のグループも12日夜、代表選への対応を協議する。 
 代表選は16日午前9時に告示し、同10時に立候補の届け出を締め切る。午後0時半から都内のホテルで両院議員総会を開き、党所属国会議員221人の投票で新代表を決める。
 12日夕の両院議員総会で小沢氏は「全力で総選挙に臨み一層の団結と努力、精進を心から願う」と結束を訴えた。これを受け、鳩山氏が、任期途中の代表辞任となることを説明。16日に党大会に代わる両院議員総会を開き、後任を決めることを提案した。一部から、次期衆院選の候補者にも投票を認めるよう求めるなどの異論も出たが、了承された。
▲引用終了

「日本は日本国民のものではない」と言いきってしまう、どこの国の人間かわからない鳩ポッポ兄と、中国の言いなりになりたいジャスコ岡田じゃねぇ・・・。
岡田氏は、訪米した際、「拉致に拘り過ぎて、北朝鮮の核放棄の障害となっている」と言ったとか言わなかったとか話題になってますね。
自身のブログで「間違い、あるいは意図的な誤解」と主張されていますが、誤解されている時点で大問題ですよね。誤解を与えかねない言い回しだったのか、通訳が間違ったのかは知りませんが、他国の政治家との会談で、「向こうが勘違いしました」では済まされないんですけど・・・。

あ、ちなみに、岡田氏の中国云々の話ですが、小泉首相(当時)が靖国神社に参拝することについて、中国や韓国が反対していることを理由に、両国を説得するか、参拝をやめるか、首相を辞職するか、3択を迫った時のものです。『岡田語録』には、中国や韓国の了解を得たのかという趣旨の質問をしたことになっていますが、直接的にそういう発言をしたのではないようです。
ただ、国会議事録の発言を調べてみると、流れとして、どう見ても「中国や韓国が反対してるんだから行くな!」と言っているようにしか見えない発言が続いていますがね。

まぁ、誰が代表になっても、党全体で信用できないので、僕が投票することはありませんが。
どうせなら、潔く崩壊してくれた方が良かったかもねぇ。
posted by 圭人 at 03:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

ゴールデンウィークが終わって

カレンダー通りの方は、ゴールデンウィークが終わりましたね。
製造業の中には、長期のライン停止に伴い、もう少し休みの長い方もいらっしゃるかと思いますが、世間一般的には明日から通常勤務です。
やっぱり、長期休暇明けは、なんとなくがっかり感がありますよね。

*

未曾有の世界的な不況に加え、新型インフルエンザの蔓延の恐れも出てきており、北朝鮮のミサイルなど吹っ飛んでしまう状況です。
どうせ、日本の技術と部品がなければミサイルは作れないわけで、完全に輸出禁止にして、資金を絶ち、中共からも韓国からもロシアからも物資が流れないよう監視していれば、早々に干上がる国です。
今の日本にとっては、北朝鮮なんか、拉致被害者奪還以外で関わる必要性が認められない、どうでもいい国なんですよね。
相手して欲しかったら、拉致被害者全員を帰せばいいんです。

*

ゴールデンウィークは、昭和の日、憲法記念日を含むので、いろいろと香ばしい話題もありました。
日本にとって、昭和という時代は無視することはできない時代ですし、憲法を考える上でも、第二次世界大戦を考慮しないわけにはいきませんから、ゴールデンウィークと終戦記念日を含む夏は、日本において、『平和』が話題になるのは仕方がないのかもしれません。
ただ、やはり、左翼というよりサヨクの話題が多いように感じます。平和は大切です。僕だって、別に戦争したいわけじゃありません。人間は知識と知恵と理性を持った動物なのですから、暴力によって目的を達成しようとするのは、できる限り避けるべきです。
しかし、それが通用するほど、人類が成熟しているわけでもありません。

こういう風に書くと誤解を受けるかもしれませんが、北朝鮮にだって、彼らなりの主義主張があります。北朝鮮の主張から推察するに、「アメリカが核兵器を持っているのに、なぜ自分達が核を持ってはいけないのか?」、「アメリカ本土を攻撃できる能力を持てば、日本もアメリカも自分達を尊重するのではないか?」と考えている可能性は、少なくないと思います。勿論、それを日本人が容認できるかどうかは全く別の話ですが、彼らがどう考えるかは、彼らの自由なのです。
一方で、日本が主張する平和主義は、非常に理想が高いものです。実現すれば素晴らしいことですが、その日本の主張を、北朝鮮が理解し、同調しなければならない理由はありません。
また、日本人が「自分たちはもう戦争したくない」、「自分たちが攻撃しないのだから、向こうも攻撃しないだろう」と考えるのは自由ですが、北朝鮮をはじめ、中共にしろ、韓国にしろ、ロシアにしろ、彼らが日本と同じように考えなければならない理由はありません。彼らは国家として「戦争をする権利」を持っているのです。
日本の主義主張が理想的であったとしても、他国がそれを守らなければならない理由も義理もありません。
それを、さも「世界共通の理念」の如く主張するのは、傲慢以外の何者でもないでしょう。傲慢が言いすぎなら身勝手でも構いません。
「多分、他の国も同じように思うだろう」と日本の主義主張を他国に勝手に押し付けるのは、他国からすれば「お前、何様だよ」と思うでしょう。
互いを認め合う、相手の主張を理解するということを本質的に突き詰めれば、結局はこのような概念になると思うのです。

技術支援、経済支援もそうです。
後進国や発展途上国に、金を与え、技術を与え、支援する。それ自体は非難されるものではありませんが、彼らがいずれ、自分達の力で歩いていけるようにするのが本来の支援ですし、自立してもらう前提として、人の道を踏み外すようではダメなのです。
韓国に対しては、隣国であるということ、歴史的経緯と称し、莫大な支援をしてきました。結果として、彼らが自力で何かを生み出したり、問題解決していくチャンスを潰してしまい、日本に依存しなければ、国家も国民も成り立たない、日本の劣化コピーのような似非先進国に成り下がってしまいました。
支那はどうでしょう?
中共政府に莫大な支援を行い、譲歩を重ねた結果、人類にとって最悪のモンスター国家を生み出してしまったのではないですか?
自国内でも現在進行形で虐殺を行い、他国を侵略し、海外に進出してはその国で犯罪を犯し、支援と称して後進国の紛争と虐殺を拡大させています。
この中共政府の行為に対し、日本がはっきりと反対の態度を取らない時点で、日本は中共の犯罪行為を容認し、世界に害をなしているも同然なのです。
中東での自衛隊の活動や、東南アジア、アフリカでの日本の活動は、意義のあるものも多いですが、事、特定アジアに限れば、大失敗と言わざるを得ません。

しかし、サヨクの人々が口にするのは、現在進行形のチベットや東トルキスタンでの虐殺でもなければ、ダルフール紛争でもなく、60年以上前に終結し、既に国家間の条約によって解決された戦争のことしかありません。
結局、サヨクの人々は、実は平和などどうでも良く、自分達が施しをする側であればいいのです。
自分が優れた人間だと思いたい。外国人を差別すると差別主義者と言われるが、自分と同じ民族・同じ国民を差別しても海外からは何も言われない。日本という国、日本人という国民を見下し、なおかつ自分は見下した日本人とは違うと思われたい。それを認めてくれるのは、日本が弱体化すればするほど嬉しい特定アジアの国々だから、彼らと手を組んで、日本を貶め、自分達が選ばれた人間であると思いたい・・・。
結局、それは選民思想であり、中華思想と根底は同じものです。サヨクの主張には、そういう傲慢さが透けて見えます。

こういう話を普通の人に理解してもらうのは難しいです。
例えば、僕の両親。
丁度戦後直後辺りに生まれ、学生運動を目の当たりにしてきた世代です。両親ともノンポリですが、マスコミの酷さをそれほど知らず、報道はまともだと思っている人に、こういう話をしてもなかなか通じません。NHKの「シリーズJAPANデビュー」での偏向も、本気にしてはもらえませんでしたし、危ない思想の持ち主と思われる可能性の方が高いかも知れません。
それでも、不毛かも知れませんが、伝え続けるしかありません。日本人が世界と渡り合っていくためには、日本の主義主張が海の向こうでは通用しないということを認めることから始まるし、それを認めない限り、いつまで経ってもまともな国にはなれないと思います。
posted by 圭人 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。