2011年03月17日

福島第一原子力発電所と買い占め、ボランティア

今回の東北地方太平洋沖地震について、思うところを書きます。

マスコミ(特にテレビ)の報道について。
どうしてもセンセーショナルな報道が多く、被災者を食い物にしているような印象を受けることが多いです。
地震速報などの客観的情報は非常に有用ですが、被災者にマイクを向け、感想を言わせることに何の意味があるのでしょう。全てを失い、それでも命からがら助かったばかりの、何もかもが足りない人に、「何が不足していますか?」という質問は愚問です。兵庫県南部地震の経験から、不足する物資は何か、最初の数日に何が必要で、その後何が欲しくなるか、既に分かっています。マスコミがわざわざ被災者にマイクを向け、悲しむ被災者に追い打ちをかける必要はないはずです。
その一方で、被災者が欲する情報を、マスコミは提供しませんでした。被災者が欲しいのは、被災地がどんなに悲惨なのかではなく、どこに行けば支援が受けられるのか、給水や補給はいつどこで行われるのか、ガソリンの入れられるスタンドはどこか、買い物のできるスーパーはどこかといった、生活に直結する情報と、生存報告です。
そういった情報を提供してくれるのは、主要テレビ局ではなく、地元のFM局などでした。かろうじてNHKが、教育テレビのチャンネルで放送してくれるようになったようですが、もっと早くするべきでした。
マスコミは、自分達が情報を提供するキーになっていると思っているのでしょうが、実際には、被災者には迷惑をかけ、被災者の欲しい情報は提供せず、被災していない地域の人々に不安を煽る結果になっています。

福島第一原子力発電所の地震を原因とする事象(事故)について。
マスコミが報道する東京電力の対応には後手後手の印象もありますが、作業に直接携わる人々は、高い放射線に晒されながら、原子炉内部の圧力が上昇している中に水を入れる難しい操作を続けており、彼らに頑張ってもらうしかありません。
後手後手なのは、東京電力だけではありません。
政府の動きも酷いもので、菅首相の指導力の無さが、混乱を招いているようにしか見えません。
マスコミの報道も、放射線被曝の危機感を煽る内容が多く、マイクロシーベルトやナノシーベルトレベルのものまで大々的に報道するため、「問題ない」と言葉が添えられていても、知らない人からすれば、「隠しているんじゃないか?」と疑心暗鬼になりかねません。
最近になって、ようやく、通常の生活でも被爆していること、マイクロシーベルトレベルでは影響はないことが説明されるようになりましたが、そういう説明は、もっと早くするべきです。
また、事故のレベルも、チェルノブイリ原子力発電所事故が引き合いに出されますが、チェルノブイリと同等レベルの事故は、構造からも、現状からも、福島第一原子力発電所ではあり得ません。
東京電力の記者会見においても、記者の質問の仕方が酷いものがありました。
報道のあり方自体に問題があるように思えてなりません。報道関係者の驕りが現れており、非常に不愉快です。
西日本に逃げている人もいるとの情報がありますが、東京の人が西日本に逃げても、ほとんど意味はありません。仕事をせず、もしくは放り出して逃げるような人は、お好きになさればいいです。東京電力管轄から人口が減れば、消費電力が減りますから。
もちろん、収拾作業を行っている作業者は、危険な環境下で耐えています。その責任ある行動には敬意を表します。しかし、首都圏にいるような人に影響が出るようなものではありません。

買い占めについて。
東日本を中心に各地で起こっています。僕の住む地域でも、ガソリンも切れていますし、飲料水、食料品、紙製品も尽きています。
インスタントラーメンや米を買い漁る人も見かけますが、一体何を考えているのでしょうか。被災地に送るためではないでしょう。
都心の車が、焦ってガソリンを満タンにする必要がどこにあるのでしょうか。
被災地は支援を求めていますが、個人の支援は混乱を招くだけですので、受け付けていません。
自分が安心するためだけに、被災地の都合も考えないで買い占めに走る姿は、非常に浅ましいものです。
西日本の人々が落ち着いているようで、その点が救いです。

ボランティアについて。
ボランティアはもう少し落ち着いてから、きちんと組織として行動しましょう。医師や看護師のような技能を持つ人ならともかく、ド素人の安易なボランティアは、被災者の神経を逆撫でたり、ボランティア自身が救難者になることもあり、迷惑以外の何者でもありません。
被災地は燃料もありません。行きはよいよい帰りは怖いでは話になりません。
少なくとも初期支援は、国と、海外からの支援に任せるべきです。
また、不要なものを送りつけるのは、被災者を馬鹿にする行動です。古着や家庭で不要な物、折り鶴などを送っても、ゴミになるだけです。被災地はゴミ捨て場ではありません。自分が使わないものを被災者が使うと思うのでしょうか。
気持ちだけで行動するのはオナニーでしかなく、そんな見苦しい物は、誰も見たくありません。そんなことをするくらいなら、赤十字などの信頼できる機関に寄付した方がいい。

被災していない我々がするべき事は、今の生活を維持し、経済を回し、金を稼ぎ、復興を支援することです。
これから東日本は復興に力をいれることになり、経済活動は低迷します。その分、被災していない西日本が頑張らなければなりません。節電も結構ですが、中部電力以西の管轄では、現段階で、今以上の省エネを行っても意味がありません。省エネは重要ですが、それで経済活動に影響が出るのでは本末転倒です。
無駄遣いをするのではなく、効率の良い経済活動をすることが必要です。
日本はまだまだ頑張れます。被災した人々は、まず生き抜くこと、そして復興に希望を持つことが重要です。我々はそれを支えられるよう、努力していきましょう。
ラベル:地震
posted by 圭人 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

平成23年東北地方太平洋沖地震

この度の東北・関東地方を襲った大地震によって被災した全ての方に、お見舞いを申し上げます。また、亡くなられた方には、お悔やみを申し上げます。
亡くなられた方は残念ですが、まずは生き残った方を第一に考え、支援が届くことを祈ります。今は、まず、生き延びること、健康状態が悪化しないように気をつけ、次の行動に備えることだと思います。それ以外のことは、今は他の地域の人に任せればいいのです。
行方不明になっている方のご家族やお知り合いの方もいらっしゃると思います。沖に流されながらも、発見され、生還した方もいらっしゃいます。どこか違う避難所にいらっしゃるかも知れません。被災地は、まだ安全が確保されていない地域も多いでしょうから、希望を持って、自衛隊の活動に託しましょう。
これから、支援が送られることでしょう。私も出来る事を出来る形で支援したいと思っています。

また、新潟県と長野県の県境でも大きな地震が発生しています。十分に警戒していただき、とにかく命を第一に行動していただきたいです。

被災地で活動する、自衛隊、消防・救急・レスキュー、警察の方々の努力に、最大の敬意を表するとともに、辛い作業が続きますが、何卒、頑張っていただきたいと思います。

日本は地震の多い国です。日本のどこにいても、地震から逃れることはできないでしょう。だからこそ、今回の地震は他人事ではすみませんし、「困った時はお互い様」という日本人の精神が、生かされることでしょう。
我々日本人は、互いに協力し、地道に物事を成していくことができます。必ず、復興することができるはずです。
ラベル:地震
posted by 圭人 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。