2009年04月28日

EeePC-1000HAEレビュー

今回は、ASUSのEeePC-1000HAEのレビューです。

スペックは下記の通り。

CPU:Intel AtomN280(1.66GHz)
メインメモリ:1GB(グラフィックメモリ共有)
HDD:160GB
グラフィック:内臓(メインメモリから占有)
LCD:10.1インチ 1024×600ドット
インターフェース:
 USB×3
 SDソケット(SDHC対応)
 アナログモニタ出力
 Ethernet
無線LAN:b/g
光学ドライブ:非搭載
Webカメラ:130万画素
バッテリー駆動時間:公称8.7時間
重量:1.45kg
マウス付属。LCDのドット抜けを交換してくれる保証有り。

1000HAEは、ヤマダ電機オリジナルモデルです。
一般モデルとの違いは、
Bluetooth有無(一般モデルは有り)
無線LAN規格がb/gのみ(一般モデルはa/b/g/n)
バッテリー駆動時間が8.7時間(一般モデルは9.3時間)
・・・らしいです。

バッテリーも違ったのか・・・orz
ヤマダ電機のこういうモデルの販売の仕方は、ちょっと騙しに近いものがあるなぁ。店員がそういう説明しないのは、どうかと思いますね。特にヤマダ電機は、家電量販店なので、秋葉原と違い、客の全てがPCに詳しいとは限らないんですから。
まぁ、実際に使ってみて問題がなければいいわけですがね。

で、まず、全体的な印象から。
外観は悪くない。剛性に多少問題があるかもしれないけど、3万円そこそこ程度のPCでは仕方のないところでしょう。僕はネットブックに高級感は求めていないので、高級感の欲しい人は、VAIOのPを買うでしょう。

液晶はまずまず綺麗。室内では輝度を落として使えるていどに明るい。輝度を落とせれば、バッテリーの持ちも長くなるし。
縦600画素は、今のスペックとしてはぎりぎりですね。ネットを見たり、メールをチェックする程度なら、問題はなさそう。どうせハイビジョン再生なんか、スペック上できないんだから。

USBソケットがやたら堅い。抜き差しが堅くて、間違って挿入したかと思うほど。基盤に負荷がかからないといいけど・・・。
SDソケットも微妙に堅い。斜めに隙間があるので、間違って別のカードを突っ込んだりしそうで怖い。この辺はつくりが甘い。

キーボードは、最近のソニーのように、キー1個1個が独立したタイプ。文字のうち間違いは少なくなりそう。
キーピッチとストロークは問題なし。ボディがこのサイズなのだから、これ以上はどうしようもないでしょう。手の大きい男性は疲れるとは思うけど、それはボディサイズとの兼ね合いだから、楽なキー入力を求めるのなら、大きいモデルを買うしかありません。キーボードの剛性が足りないので、キー入力の強い人は不安かも。キーボード自体のつくりもバリがあるのか、引っかかりを感じますが、使っていくうちに取れるかも知れません。
キー配置がちょっと特殊で、カーソルキーが一段下がっていないので、他のキーと区別がつかず、ちょっと使いづらい。

ポインティングデバイスはタッチパッド。
指2本や3本でのアクションが割り当てられ、これは便利。マウスには及ばないけど、マウスがなくても何とかなります。
ただ、クリックボタンは堅すぎ。
全体的にボディ剛性が足りないのに、キーやボタンが堅すぎる。この辺が、安っぽさを強調しているような気がする。

バッテリーは、Power Saving Modeだと、確かに8時間くらいは使えそう。E-Mobileで通信を確保しても、5時間くらいは持ちそうな雰囲気。ACアダプタも小さいので、普通の使い方なら十分だと思います。
通信とバッテリー重視の時は、ニコニコ動画を見るようなことは難しいかも知れませんが。
バッテリーが大きいので、ボディの厚みはそこそこあります。かばんに入れたらかさばる気はする。イメージ的には、PanasonicのRシリーズみたいな感じ。

OfficeはStarSuite8が入っていました。OpenOfficeの製品版ですね。フリーのOpenOfficeとほとんど同じですが、インストールする面倒がないのはいいかも知れません。
MicrosoftのOfficeは、結局PowerPointがないと意味がないんですよね。価格面を考えたら、これで十分だと思います。軽いし。
仕事でバリバリに使うつもりなら、Office搭載バージョンもありますが、それにはPowerPointはついていないし、2年間のライセンスのようで、価格としても微妙です。

全体として、あれもこれもやりたい人には向きません。ネットブックとはそういうものです。3Dゲームなんてもっての外です。長文作成にも向かないし、画像編集も動画編集も厳しいでしょう。
 外出先でもちょこっと文書作成くらいしたい。
 逐次、ネットをチェックしたい。
 数日の出張に、重いパソコンは持って行きたくない。
 旅行の際のデジカメ画像のストレージ代わりに。
 外で遊べる安いモデルが欲しい。
という人向けです。
それでも、Atomは7年くらい前のPentium4と同じくらいのトランジスタは入っているはずで、そう考えれば、十分すぎる性能を持っていると言えるでしょう。
メモリを追加すれば、より快適に使えると思います。メモリスロットは1つしかありませんので、2GBを別途購入して、入れ替えになってしまいますが。
一般モデルとの違いで、どこまで不便を感じるかはわかりませんが、個人的には、ほとんど影響なかったです。気になるのはバッテリーの駆動時間くらいですが、他のネットブックが大体4時間くらいですから、それに比べれば十分すぎる性能です。
ネットブック全般に言えることですが、これをメインマシンとして使うのは厳しいです。あくまでセカンドマシンとして使うこと、おもちゃとして割り切ることができる人向けです。
電子手帳と同程度の価格でPCが使えるというのは、結構すごいことですし、そう考えることができる人には、使いやすいハードになっていると思います。
タグ:1000HAE EeePC
posted by 圭人 at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットブックを選ぶのにこの記事を参考にさせて頂き、今日買ってきました。ヤマダの1000HAEで十分ですね。安いし。
詳細なレポートありがとうございました!
Posted by カルロスゴン at 2009年05月11日 00:53
>カルロスゴン 様

コメントありがとうございます。
僕も、購入前にネットブックの比較の記事をいろいろ漁ったクチです。
安いとは言っても、やはり買って後悔はしたくないですものねぇ。
エントリーが多少なりともお役に立てたのなら嬉しいです。
Posted by 圭人 at 2009年05月12日 00:20
うちもこの記事を参考に近所のヤマダで購入してきました^^

期待を裏切るような性能、しかも気兼ねなく持ち歩くには良い値段ですね。

Posted by ヴェルダ at 2009年06月08日 16:14
>ヴェルダ 様

コメントありがとうございます。
モバイルPCは持ち歩けてナンボで、気兼ねなく持ち歩くには、価格も安くなければなりませんので、この価格はありがたいですよね。
エントリーがお役に立てれば幸いです。
Posted by 圭人 at 2009年06月10日 02:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118198563
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。