2009年09月13日

H-IIB/HTV打ち上げ成功

遅ればせながら、H-IIB打ち上げ成功おめでとうございます。
中継はネットで見ていました。もー、翌日眠いのなんのって…。
非常に感動的でしたし、やはりロケットの打ち上げは、ロマンを掻き立てられます。

もちろん、まだこれから、HTVの実証が残っていますが、純国産大型ロケットであるH-IIBの打ち上げ能力と信頼性の高さが証明されたのは、まことにめでたい。
天候に恵まれたとはいえ、1号機の打ち上げでありながら、延期も遅延もなく、計画通りに打ち上げられたのは、JAXAの持つ技術の高さの証明でしょう。
スペースシャトルは来年退役しますから、H-IIBとHTVは、大きな実験設備など、大規模輸送を担うことになります。
これからの宇宙開発に、日本が大きな役割を果たしていくことになりますし、今回の成功は、その大きな一歩となるでしょう。

予算は少なく、失敗すればすぐに叩かれる日本の風潮の中にあって、プレッシャーも大きかったでしょうが、関係者の皆様の努力には頭が下がります。
これからも、失敗を恐れず、常に前(上か?)を向いて、頑張っていただきたいと思います。
ラベル:H-IIB HTV JAXA
posted by 圭人 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。