2010年01月17日

外国人参政権は絶対阻止すべきです

年が明けて、半月が経過しました。
仕事もプライベートも忙しいので、ブログの更新まで手が廻っていませんが、危機的状況であることに、やはり不安を覚えます。
僕は日本人であることに誇りを持っていますし、日本に住んでいることを幸せに思います。そして、その幸運を、自分の家族と共有し、次の世代に引き継いでいきたいと思っています。
しかし現状は、その希望が危機に陥っているのです。

*

在日外国人の参政権について。

なぜ、外国人に参政権を与えねばならないのかの説明が、全く成されていません。
何度も書いていますが、税金を払っていることが参政権の取得の理由にはなりません。
それを認めると、「税金を納めない人は参政権がなくてもいい」という事になってしまい、生活保護を受けているような方は、日本国籍を持っていても選挙権を失うことになります。納税額で選挙権の有無が決まるのは、明治時代の話です。
そんなことは、今の時代では認められないでしょう?
そもそも、税金というのは、インフラ使用料なのです。
それでは、日本国の選挙権の有無は、何をもって決定されるべきか…あくまで年齢と国籍で規定されるべきですよ。
外国人に参政権を与えることは、現在の日本国憲法にも違反します。護憲派であるはずの社民党が、なぜ、憲法をないがしろにしているのでしょうか?
こういう背景を見れば、現在の与党が、如何におかしな集団であるかが、はっきりと分かるのではないでしょうか。

だいたい、日本の事を決めるのに、なぜ、外国人がでしゃばってくる必要があるんですか?
外国人に快適な国にする前に、日本国は、日本人にとって快適な国でなければなりません。
自分達の国の舵取りを、外国人に関与させるなんて考えが出来ること自体、狂っているとしか思えません。

民主党は、外国人参政権については、論争を避けるために、昨年の衆院選のマニフェストに記載しませんでした。

政策として僕は賛成していませんが、先の選挙の民主党の主張は、子供手当てと高速道路の無料化、揮発油税の暫定税率廃止、そして脱官僚だったはずです。
しかし、それらマニフェストで約束したことは、何一つ実行できておらず、赤字国債だけは肥大しています。それなのに、マニフェストに記載した他の政策よりも先に、国民に信を問うてもいない法案を無理やり通すのは、国民の理解を得ているとは、到底言えません。
これこそ数の暴力であり、非常に卑怯、かつ、姑息なやり方です。
おかしいと思いませんか?

それを批判しない議員もマスコミも、腐っています。
野党の自民党内ですら、外国人参政権に賛成している議員がいることにも驚きですが、民主党から批判の声が出てこないのは、呆れるのを通り越して、恐怖すら感じます。

*

他にも、少子化対策と称して移民受け入れを主張する政治家が多いですが、参政権を与えた上で移民を受け入れるようなことをすれば、日本国は日本人の国ではなくなってしまいます。アメリカのような巨大な多民族国家でさえ、イミンや参政権には厳しい条件があります。日本のような小さい国で、民主党の主張するようなことをすれば、日本は崩壊するでしょう。

移民を受け入れても、少子化対策にはなりません。
現在、既に日本人の労働者が余っていて、失業率が上がっているのに、更に移民を受け入れてどうするというのでしょうか。
移民として流入した外国人は職もなく、不慣れな環境で生きていく事になり、日本人以上に苦しい立場になるのは目にみえています。
日本人がやりたがらない仕事を低賃金でやらせるんですか?それって、移民を奴隷として使うってこととどう違うんですか?
移民だって、日本国内で生活する以上、日本人と同じコストがかかるわけで、いくら低賃金といっても限度がありますよ?
最初は良くても、いずれ日本人を雇うのと変わらなくなります。
そして、移民もいずれ年を取ります。彼らが老年に入った時、どのように社会保障を行うのですか?年金を支給するのですか?日本人の年金も払えないのに?

もう、言っていることが支離滅裂であることは明らかです。
こんなことを主張する政党に、自分の今後の人生を預けられますか?子供たちにそんな国を残すのですか?
少なくとも僕は、「現実が見えていない脳内お花畑の上に、自分の快楽最優先の首相」や、「自分の金儲けと権力にしか興味がなく、その為なら国を売り払うことも厭わない史上最低のクズ政治屋」、そして「それを止めることも批判することもできないエセ保守政治家」に、自分や家族や、次の世代の運命を預ける気にはなれませんね。

*

いくら保守系の発言を行っていても、小沢氏の暴走に異を唱えることもできない民主党議員は信用しません。
自民党は腐っているといいますが、自民党が一番ひどかった時代に暗躍していた議員が民主党に揃っていて、なおかつ実権を握っています。
自民党にも同様の腐敗政治家は存在しますが、いずれも政治権力の中央からは外れつつあります。麻生前首相、安倍元首相、亡くなった中川昭一氏…自民党の保守本流は、非常に健全です。
「民主党は自民党よりマシ」という人がいますが、どこかどう自民党よりマシなのかを具体的に答えられる人にお目にかかったことがありません。
僕が、現状で民主党を支持することはありえません。早い所、民主党政権は引きずり下ろすべきです。
posted by 圭人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。