2019年07月10日

これは…韓国終わったかな?

ちょっと信じられないと言うか、世界中の動きが日本を中心に繋がった感じがします。
このシナリオを書いた経済産業省の官僚の手腕に驚くとともに、流石のエリートだという気もします。
その一方、これが韓国からリリースされたニュースであることにも、驚きを隠せません。
規制のある戦略物資が韓国から不正に横流しされたという情報を補強することにしかならないのに、能天気にこれを主張するとは…。

▼▼▼以下引用(共同通信)

韓国、違法輸出156件と発表
摘発実績アピール

 【ソウル共同】韓国政府は10日、兵器製造などに転用される恐れがある物品を韓国から違法輸出したとして摘発した事例が過去約4年間で156件あったと発表した。日本政府が輸出規制強化の理由を「不適切な事案があったため」とする中で摘発実績をアピールし、輸出管理を適切に行っていると主張した。

 韓国政府は、韓国の管理体制を疑問視する一部日本メディアの報道に反論。「摘発実績であり、輸出管理を効果的かつ透明に行っている証明だ。件数も毎年公開している」と説明した。

 今回公表したのは2015年から今年3月までの摘発事例。


▲▲▲引用ここまで

不正輸出を摘発しただけでこの件数。管理できていないと自白したも同然です。
これで、日本政府、特に安部首相の動きと、各国の反応が綺麗に繋がります。
自称元徴用工や慰安婦の問題など吹っ飛んでしまうほどの情報です。
ホワイトリスト外しで済まない可能性が出てきました。
韓国政府が朴槿恵政権〜文在寅政権で素人化しているのは明白でしたが、ここまでとは…どこまで危機意識がないのか、韓国民の意識も疑わざるを得ません。

下手をすれば、世界中から韓国は制裁を受ける立場になりかねず、国家の崩壊に繋がりかねないものです。

いやー、歴史の転換点はその時は気づかないと思っていましたが、これはリアルタイムで感じる変化だと思いますよ。
posted by 圭人 at 22:15| Comment(0) | 時事:国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。