2019年07月12日

参議院選挙が近づいて…

参議院選挙が近づいて、ネット上での議論も活発になっているようですが、中には民主党政権時代を持ち上げるために、嘘の内容を書いている人がいるようです。
高速道路一律1,000円は、自民党の麻生政権時代の政策で、民主党政権の政策ではありません。
私はこの政策のお陰で、当時交際していた妻との遠距離交際を続けることができました。毎週末、高速で往復していたのを思い出します。
ある意味、私は麻生元首相のお陰で結婚できたと言えるかも知れません。
一方、民主党政権では、円高なのにガソリンが高いという、不思議な現象になっていました(遠い目)。

民主党政権時代は、閣僚が問題発言しても報道されず、円高は放置し、口蹄疫にも無策な上、わざわざ口蹄疫が蔓延している韓国から研修生を受け入れさせる念の入れよう(宮崎の口蹄疫は研修受け入れ後、時をおかず発生している)。
防災や科学技術・宇宙開発という日本の屋台骨の予算を削り、それでなくても少ない防衛省の予算を、言いがかりをつけて削り、「二番じゃダメなんですか?」などというたわけた発言を無理矢理持ち上げる。
沖縄の米軍基地問題と振興政策は結局引っ掻き回しただけだし、支那の漁船の海保巡視艇への体当たりは隠蔽し、船長を無条件で返してしまう。
アメリカからはルーピーと呼ばれる情けない人物が首相だったり、災害対応は後手に回り、現場に責任を押し付ける首相だったり、景気が悪いのに財務省の官僚の言いなりで消費増税を決めちゃったり、本当にろくなことしなかったなぁ。

私は民主党に投票していませんが、もう、あんな時代は懲り懲りですよ。
posted by 圭人 at 08:34| Comment(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。