2009年05月28日

EeePC-1000HAEメモリ交換について

検索で新規にお見えになる方が多いようですが、そのほとんどの方が、EeePC-1000HAEのレビュー記事を目指してお見えのようです。
性能とか使用感については、過去のエントリーを参考にしていただくとして、検索語句に「メモリ」の文字が散見されるので、もしかして、メインメモリの追加について期待をされているのではないかと思い、詳細を説明されているサイトをご紹介します。
ただし、当記事にしろ、リンク先にしろ、メモリ交換は改造に当たりますので、あくまで自己責任でお願いします。
万が一、メモリの増強に失敗したり、ハードやソフトが壊れても、責任は負いませんので悪しからず。
意味がわからない人は、止めた方がいいでしょう。っつーか、止めてください。
また、リンク先の著作権は、リンク先のサイトの方にありますので、その点も理解してくださいね。

ASUS Eee PC 1000HE メモリ 増設 2GBPonta Diary様)

僕もメモリは増強しました。アイオーデータは、自社のサイトで対応を明記しているので、一応そちらを買いましたが、実際はバッファローでもトランセンドでも大丈夫でしょう、多分。

交換手順の詳細は、リンク先をご覧ください。まぁ、蓋を開けて、メモリを差し替えるだけですから、静電気にさえ気をつければ簡単な作業です。
1GBのメモリを2GBのメモリへ差し替えるだけですから、もともとのメモリは使えません。修理の際に必要になるそうなので、残しておきましょう。デュアルチャンネルも使えません。この辺は残念ですが、ネットブックの宿命でしょうね。
メモリの交換自体は簡単ですが、僕の場合、2GBへ増強直後、そのままではメモリは1GB(実際の表記は0.99GB)のままでした。こういう症状の人は結構いるのではないかと思います。
実は、BootBoosterという機能を使用しているため、これを一旦解除しないと、メモリが正常に認識されません。この問題を解消するためには、BIOS設定を変更しなければなりません。解除後、再起動すれば、メモリは2GB認識されますので、BootBoosterを利用したい場合は、再度、BIOS設定を戻せばOKです。
BIOSの設定は、なかなか気づかない点だと思います。
「正常に認識しない」とお困りの方は、一度、お試しになってはいかがでしょうか?

ただし、くどいようですが、あくまで自己責任で!
posted by 圭人 at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

EeePC-1000HAEレビュー

今回は、ASUSのEeePC-1000HAEのレビューです。

スペックは下記の通り。

CPU:Intel AtomN280(1.66GHz)
メインメモリ:1GB(グラフィックメモリ共有)
HDD:160GB
グラフィック:内臓(メインメモリから占有)
LCD:10.1インチ 1024×600ドット
インターフェース:
 USB×3
 SDソケット(SDHC対応)
 アナログモニタ出力
 Ethernet
無線LAN:b/g
光学ドライブ:非搭載
Webカメラ:130万画素
バッテリー駆動時間:公称8.7時間
重量:1.45kg
マウス付属。LCDのドット抜けを交換してくれる保証有り。

1000HAEは、ヤマダ電機オリジナルモデルです。
一般モデルとの違いは、
Bluetooth有無(一般モデルは有り)
無線LAN規格がb/gのみ(一般モデルはa/b/g/n)
バッテリー駆動時間が8.7時間(一般モデルは9.3時間)
・・・らしいです。

バッテリーも違ったのか・・・orz
ヤマダ電機のこういうモデルの販売の仕方は、ちょっと騙しに近いものがあるなぁ。店員がそういう説明しないのは、どうかと思いますね。特にヤマダ電機は、家電量販店なので、秋葉原と違い、客の全てがPCに詳しいとは限らないんですから。
まぁ、実際に使ってみて問題がなければいいわけですがね。

で、まず、全体的な印象から。
外観は悪くない。剛性に多少問題があるかもしれないけど、3万円そこそこ程度のPCでは仕方のないところでしょう。僕はネットブックに高級感は求めていないので、高級感の欲しい人は、VAIOのPを買うでしょう。

液晶はまずまず綺麗。室内では輝度を落として使えるていどに明るい。輝度を落とせれば、バッテリーの持ちも長くなるし。
縦600画素は、今のスペックとしてはぎりぎりですね。ネットを見たり、メールをチェックする程度なら、問題はなさそう。どうせハイビジョン再生なんか、スペック上できないんだから。

USBソケットがやたら堅い。抜き差しが堅くて、間違って挿入したかと思うほど。基盤に負荷がかからないといいけど・・・。
SDソケットも微妙に堅い。斜めに隙間があるので、間違って別のカードを突っ込んだりしそうで怖い。この辺はつくりが甘い。

キーボードは、最近のソニーのように、キー1個1個が独立したタイプ。文字のうち間違いは少なくなりそう。
キーピッチとストロークは問題なし。ボディがこのサイズなのだから、これ以上はどうしようもないでしょう。手の大きい男性は疲れるとは思うけど、それはボディサイズとの兼ね合いだから、楽なキー入力を求めるのなら、大きいモデルを買うしかありません。キーボードの剛性が足りないので、キー入力の強い人は不安かも。キーボード自体のつくりもバリがあるのか、引っかかりを感じますが、使っていくうちに取れるかも知れません。
キー配置がちょっと特殊で、カーソルキーが一段下がっていないので、他のキーと区別がつかず、ちょっと使いづらい。

ポインティングデバイスはタッチパッド。
指2本や3本でのアクションが割り当てられ、これは便利。マウスには及ばないけど、マウスがなくても何とかなります。
ただ、クリックボタンは堅すぎ。
全体的にボディ剛性が足りないのに、キーやボタンが堅すぎる。この辺が、安っぽさを強調しているような気がする。

バッテリーは、Power Saving Modeだと、確かに8時間くらいは使えそう。E-Mobileで通信を確保しても、5時間くらいは持ちそうな雰囲気。ACアダプタも小さいので、普通の使い方なら十分だと思います。
通信とバッテリー重視の時は、ニコニコ動画を見るようなことは難しいかも知れませんが。
バッテリーが大きいので、ボディの厚みはそこそこあります。かばんに入れたらかさばる気はする。イメージ的には、PanasonicのRシリーズみたいな感じ。

OfficeはStarSuite8が入っていました。OpenOfficeの製品版ですね。フリーのOpenOfficeとほとんど同じですが、インストールする面倒がないのはいいかも知れません。
MicrosoftのOfficeは、結局PowerPointがないと意味がないんですよね。価格面を考えたら、これで十分だと思います。軽いし。
仕事でバリバリに使うつもりなら、Office搭載バージョンもありますが、それにはPowerPointはついていないし、2年間のライセンスのようで、価格としても微妙です。

全体として、あれもこれもやりたい人には向きません。ネットブックとはそういうものです。3Dゲームなんてもっての外です。長文作成にも向かないし、画像編集も動画編集も厳しいでしょう。
 外出先でもちょこっと文書作成くらいしたい。
 逐次、ネットをチェックしたい。
 数日の出張に、重いパソコンは持って行きたくない。
 旅行の際のデジカメ画像のストレージ代わりに。
 外で遊べる安いモデルが欲しい。
という人向けです。
それでも、Atomは7年くらい前のPentium4と同じくらいのトランジスタは入っているはずで、そう考えれば、十分すぎる性能を持っていると言えるでしょう。
メモリを追加すれば、より快適に使えると思います。メモリスロットは1つしかありませんので、2GBを別途購入して、入れ替えになってしまいますが。
一般モデルとの違いで、どこまで不便を感じるかはわかりませんが、個人的には、ほとんど影響なかったです。気になるのはバッテリーの駆動時間くらいですが、他のネットブックが大体4時間くらいですから、それに比べれば十分すぎる性能です。
ネットブック全般に言えることですが、これをメインマシンとして使うのは厳しいです。あくまでセカンドマシンとして使うこと、おもちゃとして割り切ることができる人向けです。
電子手帳と同程度の価格でPCが使えるというのは、結構すごいことですし、そう考えることができる人には、使いやすいハードになっていると思います。
ラベル:1000HAE EeePC
posted by 圭人 at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

懐かしい・・・

完全にはまってしまいました。
いや〜、1980年代って、つい最近のような気がしますけど、もう20年も前なんですね。
直接バブルの恩恵を受けた年代ではありませんが、この曲は、懐かしいサウンドです。当時のワクワク感を再現している感じがして、今、30代〜40代の方には琴線に触れるものがあるでしょう。コメントも懐かしくて、思わずニヤリとするものばかりで、「おっさんホイホイ」というのも頷けます。



完成度高いなぁ。
posted by 圭人 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。