2009年05月13日

誰がなっても期待できない

今日は暑かったです。
陽射しがジリジリと肌を焼き、まるで真夏のような陽気でした。
今年の春は、急激に暑くなったかと思ったら、一気に冷え込み、それが納まったかと思えばまた暑くなり、体がその気温変動についていきません。
早くもバテ気味です・・・。

*

小沢民主党代表が、代表職を辞任しました。
野党の代表を辞任しただけで、特にどういうこともないのですが、ニュースでは小沢氏辞任の文字が踊っているので、世間は結構大騒ぎなのでしょうか。
麻生首相は、小沢氏の辞任と解散・総選挙に直接関係はないと述べたようですが、当たり前っちゃあ当たり前の話です。

▼引用開始(NIKKEI NET) 2009.05.11.
首相、国会大幅延長を示唆 小沢氏辞任「解散に直接関係せず」

 民主党の小沢一郎代表の辞任表明を受け、麻生太郎首相は民主党新体制の陣容や世論の反応を見極めながら衆院解散・総選挙のタイミングを探る考えだ。首相は11日、2009年度補正予算案と関連法案などの今国会成立を期すため、6月3日に会期末を迎える今国会の大幅な延長を示唆した。

 首相は衆院解散について「小沢さんの辞任と直接関係することはない」としたうえで「補正予算案が通ることが大前提」と指摘した。消費者庁設置法案や海賊対処法案などの重要法案にも触れ「極めて重要な法案だ。すっ飛ばしてでも(選挙を)やるという意見は聞いたことがないし、私の感覚とは違う」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 与党は7月中下旬までの会期延長を検討する構えだ。補正予算案と関連法案は今週中にも衆院通過する見通し。野党が参院で関連法案の審議を引き延ばした場合、憲法の「60日ルール」を使った衆院再可決も視野にいれる戦略だ。
▲引用終了

マスコミも、ちょっとは解散から離れればいいのにと思ってしまいます。
民主党の小沢代表を中心に政治が回っているわけではないのですから、小沢氏の辞任と衆院の解散に因果関係があるわけがありません。
重要法案が目白押しですし、
どちらかといえば、小沢氏が代表の座にしがみついていてくれる方が、自民党にとっては有利だったはずですし。
13日は党首討論を予定していたはずで、結局逃げたわけですね。本当にどこまでもガキな政治家だなぁ。

で、民主党は代表を選挙で決めるわけですが、名前が挙がっているのが鳩山兄とジャスコ岡田っていうのがもうね・・・。

▼引用開始(時事ドットコム) 2009.05.12.
鳩山氏が出馬を検討=岡田氏擁立の動きも−16日に新代表選出・民主

 民主党は12日夕、党本部で両院議員総会を開き、小沢一郎代表の辞任を了承し、後任を選出する代表選を16日に行うことを決めた。これに伴い、党内の動きが活発化。鳩山由紀夫幹事長は総会終了後、自身の出馬について「虚心坦懐(たんかい)に考えたい」と述べ、前向きに検討する考えを明らかにした。岡田克也副代表を擁立する動きも出ており、両氏の判断が当面の焦点だ。
 鳩山氏は、記者団の質問に答え「挙党態勢をつくることが一番肝要だ」と強調。「自分自身が適当かどうか真剣に考えながら、できるだけ早い時期に結論を出す」と述べた。
 これに先立ち、鳩山氏に近いグループは12日午後、同氏が欠席する中、30人余りが集まり対応を協議した。出席者から出馬を促すべきだとの声も出て、同氏を中心に結束を図ることを確認した。鳩山氏は、大勝した2007年7月の参院選を指揮した小沢氏を一貫して支えてきたことから、参院側でも推す声が上がっている。
 一方、岡田氏は12日、国会内で記者団に「熟慮中」と改めて述べた。ただ、前原誠司副代表や野田佳彦広報委員長を中心とする各グループ内で岡田氏の出馬を期待する声が広がっており、前原氏に近い玄葉光一郎衆院議員は記者団に「岡田氏が代表にふさわしい」と述べるとともに、既に岡田氏に出馬を要請したことを明らかにした。これに関連して、前原氏は自身の対応について「代表選に出ることは考えてない」と不出馬を明言した。
 また、菅直人代表代行のグループも12日夜、代表選への対応を協議する。 
 代表選は16日午前9時に告示し、同10時に立候補の届け出を締め切る。午後0時半から都内のホテルで両院議員総会を開き、党所属国会議員221人の投票で新代表を決める。
 12日夕の両院議員総会で小沢氏は「全力で総選挙に臨み一層の団結と努力、精進を心から願う」と結束を訴えた。これを受け、鳩山氏が、任期途中の代表辞任となることを説明。16日に党大会に代わる両院議員総会を開き、後任を決めることを提案した。一部から、次期衆院選の候補者にも投票を認めるよう求めるなどの異論も出たが、了承された。
▲引用終了

「日本は日本国民のものではない」と言いきってしまう、どこの国の人間かわからない鳩ポッポ兄と、中国の言いなりになりたいジャスコ岡田じゃねぇ・・・。
岡田氏は、訪米した際、「拉致に拘り過ぎて、北朝鮮の核放棄の障害となっている」と言ったとか言わなかったとか話題になってますね。
自身のブログで「間違い、あるいは意図的な誤解」と主張されていますが、誤解されている時点で大問題ですよね。誤解を与えかねない言い回しだったのか、通訳が間違ったのかは知りませんが、他国の政治家との会談で、「向こうが勘違いしました」では済まされないんですけど・・・。

あ、ちなみに、岡田氏の中国云々の話ですが、小泉首相(当時)が靖国神社に参拝することについて、中国や韓国が反対していることを理由に、両国を説得するか、参拝をやめるか、首相を辞職するか、3択を迫った時のものです。『岡田語録』には、中国や韓国の了解を得たのかという趣旨の質問をしたことになっていますが、直接的にそういう発言をしたのではないようです。
ただ、国会議事録の発言を調べてみると、流れとして、どう見ても「中国や韓国が反対してるんだから行くな!」と言っているようにしか見えない発言が続いていますがね。

まぁ、誰が代表になっても、党全体で信用できないので、僕が投票することはありませんが。
どうせなら、潔く崩壊してくれた方が良かったかもねぇ。
posted by 圭人 at 03:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

ゴールデンウィークが終わって

カレンダー通りの方は、ゴールデンウィークが終わりましたね。
製造業の中には、長期のライン停止に伴い、もう少し休みの長い方もいらっしゃるかと思いますが、世間一般的には明日から通常勤務です。
やっぱり、長期休暇明けは、なんとなくがっかり感がありますよね。

*

未曾有の世界的な不況に加え、新型インフルエンザの蔓延の恐れも出てきており、北朝鮮のミサイルなど吹っ飛んでしまう状況です。
どうせ、日本の技術と部品がなければミサイルは作れないわけで、完全に輸出禁止にして、資金を絶ち、中共からも韓国からもロシアからも物資が流れないよう監視していれば、早々に干上がる国です。
今の日本にとっては、北朝鮮なんか、拉致被害者奪還以外で関わる必要性が認められない、どうでもいい国なんですよね。
相手して欲しかったら、拉致被害者全員を帰せばいいんです。

*

ゴールデンウィークは、昭和の日、憲法記念日を含むので、いろいろと香ばしい話題もありました。
日本にとって、昭和という時代は無視することはできない時代ですし、憲法を考える上でも、第二次世界大戦を考慮しないわけにはいきませんから、ゴールデンウィークと終戦記念日を含む夏は、日本において、『平和』が話題になるのは仕方がないのかもしれません。
ただ、やはり、左翼というよりサヨクの話題が多いように感じます。平和は大切です。僕だって、別に戦争したいわけじゃありません。人間は知識と知恵と理性を持った動物なのですから、暴力によって目的を達成しようとするのは、できる限り避けるべきです。
しかし、それが通用するほど、人類が成熟しているわけでもありません。

こういう風に書くと誤解を受けるかもしれませんが、北朝鮮にだって、彼らなりの主義主張があります。北朝鮮の主張から推察するに、「アメリカが核兵器を持っているのに、なぜ自分達が核を持ってはいけないのか?」、「アメリカ本土を攻撃できる能力を持てば、日本もアメリカも自分達を尊重するのではないか?」と考えている可能性は、少なくないと思います。勿論、それを日本人が容認できるかどうかは全く別の話ですが、彼らがどう考えるかは、彼らの自由なのです。
一方で、日本が主張する平和主義は、非常に理想が高いものです。実現すれば素晴らしいことですが、その日本の主張を、北朝鮮が理解し、同調しなければならない理由はありません。
また、日本人が「自分たちはもう戦争したくない」、「自分たちが攻撃しないのだから、向こうも攻撃しないだろう」と考えるのは自由ですが、北朝鮮をはじめ、中共にしろ、韓国にしろ、ロシアにしろ、彼らが日本と同じように考えなければならない理由はありません。彼らは国家として「戦争をする権利」を持っているのです。
日本の主義主張が理想的であったとしても、他国がそれを守らなければならない理由も義理もありません。
それを、さも「世界共通の理念」の如く主張するのは、傲慢以外の何者でもないでしょう。傲慢が言いすぎなら身勝手でも構いません。
「多分、他の国も同じように思うだろう」と日本の主義主張を他国に勝手に押し付けるのは、他国からすれば「お前、何様だよ」と思うでしょう。
互いを認め合う、相手の主張を理解するということを本質的に突き詰めれば、結局はこのような概念になると思うのです。

技術支援、経済支援もそうです。
後進国や発展途上国に、金を与え、技術を与え、支援する。それ自体は非難されるものではありませんが、彼らがいずれ、自分達の力で歩いていけるようにするのが本来の支援ですし、自立してもらう前提として、人の道を踏み外すようではダメなのです。
韓国に対しては、隣国であるということ、歴史的経緯と称し、莫大な支援をしてきました。結果として、彼らが自力で何かを生み出したり、問題解決していくチャンスを潰してしまい、日本に依存しなければ、国家も国民も成り立たない、日本の劣化コピーのような似非先進国に成り下がってしまいました。
支那はどうでしょう?
中共政府に莫大な支援を行い、譲歩を重ねた結果、人類にとって最悪のモンスター国家を生み出してしまったのではないですか?
自国内でも現在進行形で虐殺を行い、他国を侵略し、海外に進出してはその国で犯罪を犯し、支援と称して後進国の紛争と虐殺を拡大させています。
この中共政府の行為に対し、日本がはっきりと反対の態度を取らない時点で、日本は中共の犯罪行為を容認し、世界に害をなしているも同然なのです。
中東での自衛隊の活動や、東南アジア、アフリカでの日本の活動は、意義のあるものも多いですが、事、特定アジアに限れば、大失敗と言わざるを得ません。

しかし、サヨクの人々が口にするのは、現在進行形のチベットや東トルキスタンでの虐殺でもなければ、ダルフール紛争でもなく、60年以上前に終結し、既に国家間の条約によって解決された戦争のことしかありません。
結局、サヨクの人々は、実は平和などどうでも良く、自分達が施しをする側であればいいのです。
自分が優れた人間だと思いたい。外国人を差別すると差別主義者と言われるが、自分と同じ民族・同じ国民を差別しても海外からは何も言われない。日本という国、日本人という国民を見下し、なおかつ自分は見下した日本人とは違うと思われたい。それを認めてくれるのは、日本が弱体化すればするほど嬉しい特定アジアの国々だから、彼らと手を組んで、日本を貶め、自分達が選ばれた人間であると思いたい・・・。
結局、それは選民思想であり、中華思想と根底は同じものです。サヨクの主張には、そういう傲慢さが透けて見えます。

こういう話を普通の人に理解してもらうのは難しいです。
例えば、僕の両親。
丁度戦後直後辺りに生まれ、学生運動を目の当たりにしてきた世代です。両親ともノンポリですが、マスコミの酷さをそれほど知らず、報道はまともだと思っている人に、こういう話をしてもなかなか通じません。NHKの「シリーズJAPANデビュー」での偏向も、本気にしてはもらえませんでしたし、危ない思想の持ち主と思われる可能性の方が高いかも知れません。
それでも、不毛かも知れませんが、伝え続けるしかありません。日本人が世界と渡り合っていくためには、日本の主義主張が海の向こうでは通用しないということを認めることから始まるし、それを認めない限り、いつまで経ってもまともな国にはなれないと思います。
posted by 圭人 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

EeePC-1000HAEレビュー

今回は、ASUSのEeePC-1000HAEのレビューです。

スペックは下記の通り。

CPU:Intel AtomN280(1.66GHz)
メインメモリ:1GB(グラフィックメモリ共有)
HDD:160GB
グラフィック:内臓(メインメモリから占有)
LCD:10.1インチ 1024×600ドット
インターフェース:
 USB×3
 SDソケット(SDHC対応)
 アナログモニタ出力
 Ethernet
無線LAN:b/g
光学ドライブ:非搭載
Webカメラ:130万画素
バッテリー駆動時間:公称8.7時間
重量:1.45kg
マウス付属。LCDのドット抜けを交換してくれる保証有り。

1000HAEは、ヤマダ電機オリジナルモデルです。
一般モデルとの違いは、
Bluetooth有無(一般モデルは有り)
無線LAN規格がb/gのみ(一般モデルはa/b/g/n)
バッテリー駆動時間が8.7時間(一般モデルは9.3時間)
・・・らしいです。

バッテリーも違ったのか・・・orz
ヤマダ電機のこういうモデルの販売の仕方は、ちょっと騙しに近いものがあるなぁ。店員がそういう説明しないのは、どうかと思いますね。特にヤマダ電機は、家電量販店なので、秋葉原と違い、客の全てがPCに詳しいとは限らないんですから。
まぁ、実際に使ってみて問題がなければいいわけですがね。

で、まず、全体的な印象から。
外観は悪くない。剛性に多少問題があるかもしれないけど、3万円そこそこ程度のPCでは仕方のないところでしょう。僕はネットブックに高級感は求めていないので、高級感の欲しい人は、VAIOのPを買うでしょう。

液晶はまずまず綺麗。室内では輝度を落として使えるていどに明るい。輝度を落とせれば、バッテリーの持ちも長くなるし。
縦600画素は、今のスペックとしてはぎりぎりですね。ネットを見たり、メールをチェックする程度なら、問題はなさそう。どうせハイビジョン再生なんか、スペック上できないんだから。

USBソケットがやたら堅い。抜き差しが堅くて、間違って挿入したかと思うほど。基盤に負荷がかからないといいけど・・・。
SDソケットも微妙に堅い。斜めに隙間があるので、間違って別のカードを突っ込んだりしそうで怖い。この辺はつくりが甘い。

キーボードは、最近のソニーのように、キー1個1個が独立したタイプ。文字のうち間違いは少なくなりそう。
キーピッチとストロークは問題なし。ボディがこのサイズなのだから、これ以上はどうしようもないでしょう。手の大きい男性は疲れるとは思うけど、それはボディサイズとの兼ね合いだから、楽なキー入力を求めるのなら、大きいモデルを買うしかありません。キーボードの剛性が足りないので、キー入力の強い人は不安かも。キーボード自体のつくりもバリがあるのか、引っかかりを感じますが、使っていくうちに取れるかも知れません。
キー配置がちょっと特殊で、カーソルキーが一段下がっていないので、他のキーと区別がつかず、ちょっと使いづらい。

ポインティングデバイスはタッチパッド。
指2本や3本でのアクションが割り当てられ、これは便利。マウスには及ばないけど、マウスがなくても何とかなります。
ただ、クリックボタンは堅すぎ。
全体的にボディ剛性が足りないのに、キーやボタンが堅すぎる。この辺が、安っぽさを強調しているような気がする。

バッテリーは、Power Saving Modeだと、確かに8時間くらいは使えそう。E-Mobileで通信を確保しても、5時間くらいは持ちそうな雰囲気。ACアダプタも小さいので、普通の使い方なら十分だと思います。
通信とバッテリー重視の時は、ニコニコ動画を見るようなことは難しいかも知れませんが。
バッテリーが大きいので、ボディの厚みはそこそこあります。かばんに入れたらかさばる気はする。イメージ的には、PanasonicのRシリーズみたいな感じ。

OfficeはStarSuite8が入っていました。OpenOfficeの製品版ですね。フリーのOpenOfficeとほとんど同じですが、インストールする面倒がないのはいいかも知れません。
MicrosoftのOfficeは、結局PowerPointがないと意味がないんですよね。価格面を考えたら、これで十分だと思います。軽いし。
仕事でバリバリに使うつもりなら、Office搭載バージョンもありますが、それにはPowerPointはついていないし、2年間のライセンスのようで、価格としても微妙です。

全体として、あれもこれもやりたい人には向きません。ネットブックとはそういうものです。3Dゲームなんてもっての外です。長文作成にも向かないし、画像編集も動画編集も厳しいでしょう。
 外出先でもちょこっと文書作成くらいしたい。
 逐次、ネットをチェックしたい。
 数日の出張に、重いパソコンは持って行きたくない。
 旅行の際のデジカメ画像のストレージ代わりに。
 外で遊べる安いモデルが欲しい。
という人向けです。
それでも、Atomは7年くらい前のPentium4と同じくらいのトランジスタは入っているはずで、そう考えれば、十分すぎる性能を持っていると言えるでしょう。
メモリを追加すれば、より快適に使えると思います。メモリスロットは1つしかありませんので、2GBを別途購入して、入れ替えになってしまいますが。
一般モデルとの違いで、どこまで不便を感じるかはわかりませんが、個人的には、ほとんど影響なかったです。気になるのはバッテリーの駆動時間くらいですが、他のネットブックが大体4時間くらいですから、それに比べれば十分すぎる性能です。
ネットブック全般に言えることですが、これをメインマシンとして使うのは厳しいです。あくまでセカンドマシンとして使うこと、おもちゃとして割り切ることができる人向けです。
電子手帳と同程度の価格でPCが使えるというのは、結構すごいことですし、そう考えることができる人には、使いやすいハードになっていると思います。
タグ:1000HAE EeePC
posted by 圭人 at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

早く潰れてください

一体、何度同じようなことをすれば気が済むんでしょうか。同じ失敗を繰り返しながら、それについての責任を負わない・・・マスコミが腐っている現状がそのまま現れていますね。

▼引用開始(YOMIURI ONLINE) 2009.04.26.
TBS報道番組でやらせ…「行きすぎた表現」と謝罪

 TBS系「情報7days ニュースキャスター」の11日の放送で、国道と大阪府道の清掃作業について、普段は行わない作業をTBS側が清掃業者に依頼、国と地方自治体の「二重行政の現場」として放送していたことが分かった。

 TBSは25日の同番組で、「行きすぎた表現があり、誤解を与えかねない表現になったことをおわびします」と謝罪した。

 問題となったのは、府の委託で府道の清掃作業を行っていた業者が、国道と交わる交差点で清掃車のブラシを上げた場面で、国土交通省近畿地方整備局から「事実誤認と考えられる」と文書で指摘された。

 TBS広報部によると、この場面は番組スタッフが業者に依頼した上で撮影した。通常の作業では、歩行者の安全などのため交差点でブラシを上げる場合はあるが、普段は作業効率を考えて国道部分も清掃していたという。
▲引用終了

あぁ、これ見ましたよ。
「本当にこんなくだらないことやってるの?」と感じつつも、行政の区割りでそうなっているのなら、お互いにそれぞれの責任範疇を守るという意味では、それほど問題な話でもないなと思った記憶があります。
国か、地方か、どちらかに集約すると効率が上がるのは当然でしょうが、じゃあ、国が作った道路の管理を、全面的に地方に押し付けていいのかという問題が出るし、逆の場合は、自治体の自治権に関わってくるでしょうから、単純に効率の問題だけで済む話ではないと思ったのです。

で、結局ヤラセだったわけですか。
この時の報道の根幹は、二重行政の現場で非効率な作業が行われているという趣旨で、その実例として報道されたわけで、それが実際のものと違えば、報道内容の根幹が間違っていることになります。
それは「行きすぎた表現」で片付けられるものではありませんし、「誤解を与えかねない表現」で済む話ではありません。誤解を与えるように、わざわざ捏造したのですから。
虚報を行い、その根拠が捏造されたものということは、報道としての価値が全くありません。マスコミは、報道を通じて「情報という商品」を提供するのが仕事です。その商品が贋物で、なおかつ不良品ということなのです。それを作り出すのを、組織ぐるみで、わざとやっているのですから、賞味期限の偽装どころか、産地偽装、材料偽装のメーカーと同等の失態です。
報道はバラエティとは違いますから、報道の根拠を捏造することを「演出」で片付けることはできません。
それとも、TBSはバラエティを報道の名の下にやっているのでしょうか?
いずれにしても、実際の商品が主張するものと違うのですから、社長の首を飛ばすなり、番組を潰すなり、さっさと責任を取っていただきたいですね。
あぁ、そうだ。社長の首なんていりませんから、とっとと潰れてください。
タグ:TBS 捏造 報道
posted by 圭人 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず自分達がやったらどうですか?

やっと仕事が一段落つきそうです。
長い2か月でした・・・。

*

ネットブックを買いました。
やはり、今持っている13.3インチのVAIOノートは重くて持ち歩きが大変だし、バッテリーも持たないので、安くてバッテリーの持つものを・・・ということで、ASUSのEeePC-1000HAEを買いました。最近出たEeePC-1000HEのヤマダ電機専用ローコストモデルです。無線LANがa/nに対応していない(b/gオンリー)のと、Bluetooth非搭載というのが違いのようです。それで、実売数千円の差なので、ローコストモデルにしました。Bluetooth使ったことないし、ネット接続はE-Mobileでするつもりだったので、これでいいかなと。
この文章もそのEeePCで書いてますけど、性能的には十分ですねぇ。
キーボードの剛性が低いとか、各種スイッチ類の感触が妙に硬く引っかかる感じがするとか、ところどころ安っぽい造りの部分はありますが、全体的には、必要十分な性能を確保しています。
こういうモバイルを前提としたパソコンは、重量の軽さとバッテリーの持ちが一番重要な項目だと思うので、こういうPCは大歓迎です。
そのうち「趣味」のカテゴリでレビューするかも知れません。
個人的には、東芝やNECがもっとバッテリーが持てば、そっちにしたかったんですけどね・・・。

*

アイドルグループ『SMAP』の草なぎ剛(「なぎ」は弓偏に剪)が酔っ払って全裸になって逮捕された件。
34歳にもなって、草なぎさん、なにしたはるんですか。
「飲まなきゃやってられない」って時は確かにあるだろうし、それ自体は否定しませんけど、それでも最低限のルールを守るのが大人というものなので、全裸になった結果、仕事を干されるのも、非難されるのも、本人の責任です。
マスコミは、自分達の社員が酔っ払って起こした不祥事は隠蔽するくせに、今回は大騒ぎですね。まぁ、ニュースバリューがあるのは、草なぎの方でしょうけど。そういえば、今回は稲垣の時と違って、いきなり「容疑者」でしたね。ジャニー喜多川の影響力もそこまでは及ばなかったのか、もともと草なぎはジャニー喜多川の好みじゃなかったのか。
まぁ、このニュースは1回見ればどうでもいいニュースではあります。釈放されたとか、どうでもいいです。
「酒は飲んでも飲まれるな」です。

*

一人で飲みに行くことが多いので、たまに、隣に座った別のお客さんと話するんです。
酒の席では、政治と宗教の話はご法度なのですが、稀に、そういう話が出てきて、避けられない時があります。
以前あったのは、妻子ありサラリーマンがお花畑だったのですが、今回は、専制国家希望という、なかなかすごい人でした。
まぁ、仰っていることはわからんでもないんです。
今、ワーキングプアと呼ばれる人達の給料と比べると、政治家や官僚の給料は高いです。公僕というのなら、彼らの給料こそ、国民より下でなければならないのではないのか・・・。
その主張には、官僚や政治家がどういう仕事をしていて、それは誰にでもできる仕事なのか、どういう能力が必要で、どういう価値を生み出しているのか、そういう視点がすっぽり抜け落ちているので、実際にはお話にならないんですが、そう主張する人がいるのは、仕方がない面もあるんでしょう。
ただ、今の政治家は、国民の代表として選ばれたわけです。彼らが代表者として選択し、進めてきた政治が今の状況なのです。
民主主義というのは、どこか悪いからといって、いきなり大変革を起こすような政治体制ではありません。緩やかに変わっていきます。政権交代も、政治の実権を握るグループが変わるわけですから、「合法的手段で穏やかに実行される革命」といえるかも知れません。
「自分ならいい政治ができる」と思うのなら、立候補して当選して、段階を踏んで総理大臣になればいいんです。「今の政治が不満だから、俺は好き勝手やるぜ」というのは、北斗の拳の世界を望むのと同じです。今の日本で、そんなことを望む人はいないと思いますが・・・。
世の中いろんな人がいるなぁと思った次第です。

*

民主党の鳩山幹事長がニコニコ動画に出演した際の発言について。
僕も実際にこの動画を見ました。
よく出演しましたよね。どう考えても、有権者を敵に回す発言だとしか思えないんですが・・・。あぁ、民主党の有権者は、在日韓国・朝鮮人なんでしたっけ?
冗談でなく、本気で言っているのが痛すぎます。民主党は、よくこんなのを幹事長に据えていますよね。

*

さて、このところ、プラスポイントを重ねて、失点が見られない麻生首相。民主党とマスコミは、こういう事で政権を批判するようになりました。

▼引用開始(YOMIURI ONLINE) 2009.04.26.
「世襲」衆院選の争点に急浮上

 親族の地盤や看板などを受け継ぐ「世襲」候補の立候補制限が衆院選の争点として急浮上している。

 世襲議員の多い自民党と、比較的少ない民主党との間で、対応に違いがあるからで、議論は過熱気味だ。

 ◆「民主主義弱める」◆

 民主党の岡田克也副代表は25日、熊本県菊池市で講演し、「世襲は日本の民主主義を弱めている。世襲を認めない民主党、認めるべきだという自民党と違いが出ている」と訴えた。

 地盤(後援会組織)、看板(知名度)、かばん(資金力)を親族から受け継いだ候補者は、有利な条件で選挙を戦えるとされる。

 このため、選挙基盤が安定し、新人議員のころから政策立案などにじっくり取り組めるなどの利点がある一方、「苦労、我慢知らずで線が細い」といった厳しい評価もある。国会議員が「家業」になることで、様々な経歴を持つ多様な人材を政治の分野で生かしにくいとの指摘もある。

 岡田氏が本部長の民主党政治改革推進本部が党所属国会議員に行ったアンケート調査では、世襲議員の立候補制限への賛成が78%に上っており、同本部は23日に、立候補制限を次期衆院選の政権公約(マニフェスト)に盛り込む方針を決めた。今後、党の内規で、国会議員の子や配偶者など一定の親族が同じ選挙区から連続して立候補することを制限し、親族の範囲は「3親等以内」とする方向だ。

 民主党の世襲衆院議員は全111人中16人(読売新聞調べ)。衆院選立候補予定者を加えても26人で、同党は「弊害は極めて少ない」(菅(かん)代表代行)として、自民党との差別化を図る構えだ。

 ただ、小沢代表は2代続けて、鳩山幹事長は曽祖父以来4代続けて国会議員。公約では、現職の立候補制限は行わない見通しのため、鳩山幹事長の実弟で、自民党の鳩山総務相は「自分たちは腹いっぱいメシを食うけど、生まれてくる子どもたちは『食糧危機だからおかわりはダメ』と言うような話だ」と批判する。

 ◆3分の1が該当◆

 一方の自民党。

 世襲制限の公約化の先頭に立つ菅義偉(すがよしひで)選挙対策副委員長は5月の大型連休明けに世襲制限の具体策を考える勉強会を発足させる方針だ。働きながら大学を卒業し、国会議員秘書などを経て衆院議員になっただけに、「党の体質が国民に嫌われている」と危機感を隠さない。一部の幹部や若手議員らが同調し、同じ選挙区内での親族候補の出馬制限を党の内規で定めるなどの案が浮上している。

 しかし、自民党の世襲衆院議員は107人と、党所属衆院議員(303人)の3分の1を超える(読売新聞調べ)。父も衆院議員だった高村正彦・前外相は「(中国最高実力者だった)トウ小平は『黒い猫でも白い猫でも、ネズミを捕る猫がよい猫だ』と言った。2世だろうが、たたき上げだろうが、国民のためになる政治家はよい政治家だ」と指摘する。

 「世襲」のレッテルを張られて選挙戦に影響することへの懸念も強い。一方で、「とりあえず制限を公約にした方が争点がぼけて得策」との見方もあり、自民党内の調整は難航必至だ。

 舛添厚生労働相は24日の記者会見で、「選挙の争点にして、人気取り競争というのはしっくりしない」と、世襲論争に懸念を表明。その上で、「有権者は政治家の質を見て判断する。看板、地盤、かばんが意味を持たない時代だ」と語った。

          ◇ 

 読売新聞は原則として、〈1〉兄弟姉妹、父母、祖父母など候補者本人の3親等以内の血族と配偶者に国会議員がいる〈2〉配偶者の兄弟姉妹、父母、祖父母など2親等以内の姻族に国会議員がいる――のいずれかで、かつ選挙地盤または政治家としての「看板」を引き継いでいる場合を世襲と定義している。
▲引用終了

まず、こんなことがいつから争点になって、しかも、議論のネタとして急浮上したのか知らないんですがね。こんなどうでもいいことを議論するくらいなら、他にやることはいっぱいあるし、皆さんそうお考えだったんじゃないのかと思うんですが、私が知らないだけなんですか?

政治家としての価値は、世襲かどうかではなく、いかに良い政策を生み出し、実行するかに懸かっています。世襲かどうかなど、有権者は気にしていません。
父親や祖父が政治家だったとしても、実際に当選しなければならないのは本人です。
世襲議員でも、能力があればいいし、叩き上げでも、馬鹿は願い下げです。個人的には、献金を自分の不動産にして私腹を肥やし、外国からの圧力に尻尾を振るような党首や、ネットの公開放送で馬鹿な発言するような低脳な党幹事長、敵性国家にいいように操られている変態議員は遠慮したいですね。

世襲を批判するのなら、民主党は、小沢代表も鳩山幹事長もダメだし、菅直人代表代行が息子である菅源太郎氏を衆院選に出馬させたのもダメですよね?
鳩山氏は祖父が首相を勤めたくらいですし、ご本人が「世襲禁止」に積極的なんですから、率先して辞職なさるべきでしょう。
まず、選挙の争点にするのなら、そういう世襲議員を排除してから主張してくださいな。

それにしても、こういうネタでしか議論ができなくなっているとは、民主党も本当に末期ですし、こんな煽りをするマスコミも低俗です。だからマスゴミって言われるんですよ。
posted by 圭人 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

北朝鮮のミサイル発射問題について

お久しぶりでございます。
新しい期に入ったところで、急に忙しくなってしまいました。
ちょっとだけ出世もしたのですが、今のところ、僕の勤める会社は、上に上がれば上がるほど割に合わない状況なので、嬉しさ半分といったところでしょうか。ただ、今のような経済状況では、上に上がるほど割に合わないというのは、日本においては、正しい企業の在り方ではあると思います。他の国では無理でしょうけどね。

*

まず、地震に見舞われたイタリアと被災者に、心よりお見舞い申し上げます。
忙しくてあまりニュースを見ていませんが、支那の四川省の地震の時ほど大騒ぎになっていないのはなぜでしょうか。支那の時は義捐金要求が煩かったのですが、今回のイタリアの地震で義捐金を求めるのは見たことないですねぇ。
あ、支那が発展途上国だからというのは言い訳になりませんから。外貨準備高が日本より大きく、有人宇宙飛行も行い、核兵器を大量に保有し、周辺国を恫喝している発展途上国ってありえないでしょう。

*

北朝鮮がミサイルを発射しました。
結果として、日本の領土・領海に被害がなくて良かったです。
その『テポドン祭』に関連したニュースを取り上げます。

まずは古いネタですが、こちらから。

▼引用開始(時事ドットコム) 2009.04.07.
日本の核武装「人類破滅に」=対北、冷静対応を−自民・山崎氏

 自民党山崎派の山崎拓会長は7日夕、都内で開いた同派パーティーで講演し、北朝鮮のミサイル発射を受け、日本の核武装や、発射基地への先制攻撃に前向きな意見が党内の一部にあることについて「誠に憂慮すべきだ。極端に言えば人類を破滅に導く議論だ」と厳しく批判、冷静な対応を求めた。
 山崎氏は「核武装論を日本が言い始めたら北朝鮮の核武装を是認することになる」と指摘。対北朝鮮外交に関し「6カ国協議の再開に向けて対話の努力をした方がいい」と語った。同日発表した同派の政策提言には、北朝鮮問題に関し「圧力のみならず対話を模索して解決に努め、日朝国交正常化を目指す」と明記した。
 山崎氏はこれに先立ち、国会内で河村建夫官房長官と会い、中国と韓国を訪れ、北朝鮮問題で意見交換したい考えを伝えた。
▲引用終了

山崎氏の考えていることが良くわかりません。氏は、この発言を聞いた日本人がどう思うのか、理解しているのでしょうか・・・。理解していて発言している可能性があるところが、僕が山崎氏を非常に嫌う理由の一つではあるのですが。
山崎氏は、北朝鮮と今までやってきた対話は何だったというのでしょう。話し合いをひたすら無視したのは北朝鮮ですし、今回のミサイルにしても、支那やロシアからも「控えた方がいい」と言われた中で発射されたわけで、国際世論を相手になどしていないことは明白です。これ以上、何の対話をするというのでしょうか。
更に、中国や韓国を訪問して北朝鮮問題で意見交換する・・・もう、こういう人を海外に出すべきではありません。
政治家としてももう既に終わってしまったからこそ、この発言なのかもしれませんが、自民党は早々にこの人物を切るべきだと思いますよ。

*

日本が独自に核武装をするべきかどうかについて、議論は必要です。
核武装肯定派の意見としては、「核武装でもしなければ、抑止力として不十分」というものや、「日本のような経済力と影響力を持つ国が、北朝鮮の核兵器に腰砕けでは、却って世界にマイナスである=だから核武装すべき」というものがあります。
一方、核武装否定派の意見には、非核三原則を楯に「日本が核を持つのは何が何でも反対」という意見と、「メリットとデメリットを比較してデメリットが大きすぎる」という意見があり、否定派の意見は、発言者によって立ち位置がかなり違います。
しかし、こういう議論はあって然るべきで、「何が何でも核武装!」とか「何が何でも非核維持!」といった意見で固まってしまうのは良くありません。
議論した結果として、現実的な判断をすべきです。
個人的には、メリットとデメリットを比較した上で、日本ほどの国力を持った国は、そのデメリットをあえて背負う義務があるし、核兵器を保持する資格があるのは、被爆国である日本しかないと思いますが、だからと言って、否定派の意見が無駄だとは思いません。

また、国際連盟脱退を主張する議員もいるようですが、まぁ、こういう意見があるのも当然でしょうけれど、現実的ではないなと思います。
もちろん、莫大な国連への拠出を求められ、それを律儀に守る日本に対して、未だに敵国条項すら削除しない国連の対応が面白いわけありませんし、僕はそんな国連に期待などしていません。
しかし、こういう交渉事は、席を蹴ってしまった方が負けです。いくら日本が先制攻撃できないといっても、他国が攻めてきたら戦わなければなりませんが、その大義名分を日本に引き寄せるのは、国際的な舞台でなければなりません。国連は、その一番大きな舞台として機能するわけですから、自ら役者を降りる必要はないでしょう。日本は「かわいそうないじめられっこ」を演じていればいい。
拠出金の見直しに言及するだけでいいと思います。どうせ、日本と米国がいなければ、国連など機能しないのですから。

*

さて、もう一つ、ミサイル関連ニュースを。

▼引用開始(asahi.com) 2009.04.08.
ブースター回収「耐え難い軍事的挑発」 北朝鮮軍が非難

 【ソウル=稲田清英】北朝鮮のミサイル発射で、日本政府が実態解明へ日本海に落ちたブースターの回収を検討していることに対し、北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は8日、「内政干渉であり、自主権を侵害する耐え難い軍事的挑発だ」と強く非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

 回収をめぐっては浜田防衛相が7日の参院外交防衛委員会での答弁で、「回収できる状況であれば、回収した方がいいと思う」と述べ、前向きに検討する考えを示した。
▲引用終了

1段目が日本の排他的経済水域に落下しているのですから、引き揚げる権利は日本にあります。
日本の排他的経済水域にゴミを落としておいて、どこをどう解釈すれば、「内政干渉」などという言葉が出てくるのやら・・・。すごい言い草ですね。
そもそも、北朝鮮に引き上げる能力があるとは思えませんがねぇ。

引き上げには600万〜2000万円ほどかかるという報道がありますが、2000万円で引き上げられるのなら、日本が税金で引き上げる価値はあると思います。
過去、北朝鮮の不審船を引き揚げた際も、いろいろな情報が手に入りました。どういうミサイルなのかがわかる可能性があるんですから、メリットは大きいです。
日本政府が引き揚げてくれることを期待します。
posted by 圭人 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

どこまで耐えられますかね?

東京マラソンでタレントの松村邦洋氏が死にかけた件。
元横綱でプロレスラーの曙氏は出場を見合わせたものの、松村氏は出場し、結果として瀕死となってしまいました。
もし、松村氏が死んでしまったら、大きな問題になっていたでしょう。
テレビ局やタレント事務所も、もう少しタレントの使い捨ては考えるべきです。
そりゃあ、松村氏も41歳ですから、自分ができる仕事を選ぶべきだという意見もあるでしょうけれど、お笑いタレントがそう簡単に仕事を選ぶことができないことは、想像がつきます。
松村氏は、個人的には特別好きなタレントではありませんが、嫌いなキャラクターでもなく、無理な仕事で亡くなるのは気の毒だと思います。
僕は最近、テレビはほとんど見なくなりましたが、こういうタレント使い捨てが痛々しくて見る気が失せてしまうのも、理由の一つのような気がします。

*

成田空港の貨物機着陸失敗・炎上事故は、A滑走路の終日閉鎖となり、大混乱になりました。
着陸態勢の航空機が気流の乱れに巻き込まれると事故が起こる可能性が高まるのは、想像に難くありません。
ただ、一旦ギアがタッチダウンした後、バウンドしたとのことで、それで横転・炎上までつながるかには疑問もあるようで、積み荷の過積載の可能性も噂レベルではあるようです。
いずれにしろ、原因については、現時点で明らかになっていませんので、今後の運輸安全委員会の調査を待つことになります。

*

WBCは日本が優勝しましたね。
優勝した選手と監督、スタッフには、改めてお祝いを申し上げます。
決勝が対韓国ということで、勝っても負けても後味の悪さが残るのは確実でしたが、それなら尚更、韓国にだけは勝って欲しかったので、良かったです。
それにしても、試合終了後の韓国メディアの反応が、予想通り過ぎて、やはりこの国は、関わるべきではないと思いました。

*

民主党の小沢代表の公設第1秘書が、西松建設の違法献金に関連して起訴された件。
小沢代表の進退について、記者会見がありました。

▼引用開始(asahi.com) 2009.03.24.
民主・小沢代表、当面は続投 「政権交代、頑張る」

2009年3月24日23時22分

 民主党の小沢代表は24日夜の党緊急役員会などで、公設第1秘書の起訴を受けた自らの進退について、当面は代表職を続ける意向を表明した。その後の記者会見で、「政権交代に向け、頑張っていきたい」と強調した。党内でも小沢氏の当面の続投を容認する声が強いが、国民の理解は得られないとの声も出始めており、最終的には辞任に追い込まれる可能性もある。

 小沢氏は今回の検察の捜査について、民主党を狙い撃ちした「不公正な権力行使」と批判してきた。24日の起訴時点では政治資金規正法違反以外に捜査が広がらなかったことも踏まえ、同日の会見では「私の主張が事実であることが明らかになった」と潔白を改めて強調した。

 24日夜に党本部で菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長、輿石東参院議員会長らと会談して続投方針を伝え、緊急の党役員会、常任幹事会で表明。異論は出たが、民主党内では、起訴事実がとりあえず政治資金規正法違反にとどまったことで続投容認論が広がっている。後継選びで党内が混乱することを避けたい空気が強いためだ。執行部は「検察の結論は想定の範囲内」として、当面の党内政局は回避されるとみている。

 しかし、党内には「献金をめぐる報道が相次ぎ、党が受けたダメージは大きい」(若手)との不安が強まっている。小沢氏の説明が国民に理解されずに政党支持率などが低下を続ければ、「小沢氏では選挙は戦えない」との声が強まりかねない。

 小沢氏も24日の記者会見で「私が代表を続けることがプラスかマイナスか、それは私にも判断することはできない。すべて国民の受け取り方次第だ」と述べ、世論動向によって改めて進退を判断する考えを示唆した。このため、党内では、いずれ辞任に追い込まれるとの見方が強まっており、今回の続投表明は「あくまでも当面」(幹部)との受け止めが大勢になっている。
▲引用終了

これで辞めるような、面の皮の厚さではないと思っていたので、この結果自体は想定内ですが、民主党は自浄能力のない、旧自民党の悪い部分と旧社会党が混ざった、碌でもない党であることが、改めて提示されたのだと思っています。

もともと、クリーンなイメージが売りの民主党がこれでは、民主党を支持してきた層の民主党離れは進みそうです。支持する理由がないんですから。民主党の中の人たちは、なぜ気付かないんでしょうね。

さて、民主党は小沢代表でどこまで耐えられるでしょうか。
posted by 圭人 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

意味がわかりません・・・

僕は、Birth of Blues様のところのエントリーで元記事を知りました。
まずはこの毎日変態新聞の記事をご覧いただきましょう。

▼引用開始(毎日.jp) 2009.03.19.
発電装置:太陽光や風力より効率良く、電磁力で電力供給−−木下さん開発 /神奈川

 電磁力を応用した高効率な小型発電装置を、相模原市の「ソフォス研究所」代表の木下博道さん(74)が開発した。川崎市の住宅展示場で19日から実用運転の公開展示をする。木下さんは「装置は使う場所に置くのでロスが少なく、電線などのインフラ整備が一切不要。太陽光発電や風力発電に比べて格段と効率が良く、電力供給の分散化が図られる。地球環境にやさしく、低炭素社会にふさわしい装置だ」と話している。【高橋和夫】
 ◇きょうから、川崎で公開

 木下さんは風力発電を効率的に運転する技術開発に取り組む中、24時間稼働できない太陽光発電や風力発電に代わる装置として、6年前から電磁力を使った発電プラントの開発を進めてきた。

 開発した発電装置は、円形アルミ板の周縁に磁石のN極、S極を交互に配列した回転体が大きな特徴。その周囲にコの字形の銅線コイルを配置する。始動時には市販モーターの助けを借りて回転体がコイルの間を動き始め、回転速度が増すと、ベルトでつながった別のモーターを回し発電する。

 これまでの計測結果によると、回転速度によっては、始動用モーターの消費電力の100〜1000倍程度も発電可能。また始動に必要な電力は400ワットモーターなら乾電池(単3)1本でも足りるという。

 研究所での実証運転では、回転体は最高で毎分1500回転し、直径80センチ(重さ約70キロ)の装置で毎時10〜15キロワット、同120センチ装置で毎時500キロワットを発電した。始動時に5・5キロワットのモーターを使った場合、1個100ワットの電球30個を点灯させていて3キロワットを発電できているのに、モーターの消費電力は2・6ワットしかなかった。

 特許出願中のため構造は極秘だが、電気工学や機械工学、物理学の研究者らが相次ぎ視察。元九州電力最高顧問で核燃料サイクルのプルサーマル研究に携わってきた元国際原子力機関委員の松下清彦さんは「画期的な発電装置」と認めている。

 松下さんはたびたびドイツを訪れ第一級の研究者と、この発電装置の理論的な解明に取り組んできた。松下さんは「ドイツの学者、研究者は発電装置として認めている」と話し、同研究所は「ほぼ実証された」として公開展示に踏み切ることになった。19日の会場は小田急新百合ケ丘駅近く。
▲引用終了

エイプリルフールはまだ先だったと思いますが・・・。

僕は理系出身ですが、できの悪い学生だったので、あまり科学に強くありません。下手の横好きというやつです。ですので、僕が単純に内容を理解できていない可能性もあります。それをご理解いただいた上で続きを読んでいただきたいのですが・・・。

しかし、何度読み返しても、よくわからない記事ですねぇ。
もともとが、電動発電機ってことかな?
それってどれだけ意味あるんだろう・・・バッテリーの方が良いような気がします。バッテリーを交流なりに変換した方が、効率良さそうですが・・・。
そもそも、電磁力を応用した発電機・・・電磁力とは、電磁相互作用のことですね。発電機そのものが電磁気力を使ったものだと思いますが、普通の発電機と何が違うんでしょうか。

記事を読む限りだと、「2.6Wのモーター消費電力で3kWの発電ができている」というように見えます。記事中の仕事率(もしくは電力)の単位がおかしいのはとりあえず置いておくとして、2.6Wで3kWの出力が得られるということは、1000倍以上のエネルギーが得られることになります。差し引き2997W分のエネルギーが、どこからか発生したことになります。
消費したエネルギー以上の出力が得られるというのは、永久機関ですよねぇ・・・。

例えば、電力会社などでCMしている「エコキュート」。使っている電力エネルギー以上にお湯が沸かせるというもので、一見、投入したエネルギー以上の効率が得られているように見えますが、これは、エアコンや冷蔵庫と仕組みは同じで、「ヒートポンプ」という技術を使っています。

1)冷媒を圧縮する
2)冷媒の温度が上がる。
3)冷媒の熱は湯沸かしで奪われる。
4)冷媒の圧力を下げる。
5)冷媒の温度が下がって外気温以下になる。
6)冷媒に外気の熱を吸収させる。
7)1)に戻る

という具合に、「外気温の持つ熱エネルギーを使っている」のですね。「投入した電力(エネルギーではないところがポイント)」より多くのエネルギーを得られるので、化石燃料を燃やして温めるより、ずっと効率がいい(3倍〜6倍の効率だとか)ということになります(安いかどうかは別の話)。
わかりにくいと思うので、興味のある人はググってみてくださいね。

で、最初の記事に戻りますが、これは、一体どこからエネルギーを得ているんでしょうか?
それくらいは、毎日変態新聞の記者も聞いて欲しいですし、それが理解できないようなら、こういう科学系の取材はすべきではありません。

高効率のモーターや発電機ができたというのなら、それはそれでいいんです。そういう記事を書けばいい。
小さい起動用モーターで回し始めれば、あとは周辺に存在するエネルギーを得て、より効率よく発電できるというのなら、それもいいでしょう。それでも内容によっては画期的な話ですから。

それがなぜ、このような「永久機関?」と誤解されるような記事が出来上がるんでしょうか。
確かに、記事の中に「永久機関」の文字はありませんが、「2.6Wの消費電力で3kWの発電」とか「100倍〜1000倍の発電が可能」という表記があれば、投入したエネルギー以上の発電が行われると誤解します。
もし、「ソフォス研究所」や代表の木下氏が「始動用モーター以外のエネルギーは不要」と言い出したら、詐欺です。今のところ、この記事だけでは何とも判断が難しいですが、説明不足は明らかですし、怪しいことに変わりはありません。
こんないい加減な記事を垂れ流して、毎日変態新聞は責任が取れるのでしょうか?

そういえば、水から触媒だけで水素を取り出し、発電するという「ウォーターエネルギーシステム」という怪しい話もありましたね。触媒自体は化学変化の前と後で変化しませんから、水分子という安定した結合を水素と酸素という分子に分けるには結構なエネルギーが必要なのですが、触媒だけでそれが起きるとなると大騒ぎです。物理法則を無視してますから。
こちらは完全に似非科学というよりニセ科学の分野になってしまいます。

どうしてこういうトンデモ科学に引っかかるのでしょうか。疑似科学、似非科学を通り越して、ニセ科学は嘘つきに他なりません。
この記事では、ソフォス研究所と木下氏は、詐欺師にしか見えません。もし、彼らの研究が非常に有益なものだとしたら、毎日変態新聞のこの記事は、彼らの名誉を傷つけることになりますし、これがもし「嘘」だとしたら、毎日変態新聞は詐欺師の片棒を担いだ悪質な報道機関ということになります。
今回のような、一般的に見てすぐに首をかしげたくなる内容であれば、検証は当然必要ですし、「騙された」という言い訳は通用しません。
大きな記事ではありませんから、マズければこのままフェードアウトかも知れませんが、毎日変態新聞の対応が楽しみです。
posted by 圭人 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

言葉は選んで・・・

久しぶりに実家に帰ったら、両親が嫌韓になってました。
海外旅行での韓国人観光客のマナーの悪さに辟易したようです。
その後、ニュースでもいろいろ調べたのか、韓国・・・というよりも、朝鮮半島人が、結構トンデモな人々であることは、理解するようになったみたいです。
もともと、そういう批判を是としない両親だっただけに、少々驚いてしまいましたが、逆にそういう人をも嫌韓にしてしまうあたりが、「知れば知るほど嫌いになる」朝鮮半島らしさなのでしょう。

*

WBC(ワールドベースボールクラシック)は、見ていて面白くないです。
そういうシステムなんだから仕方がないと言われればそれまでですが、なんでこんなに韓国との対戦が多いんでしょうか。世界大会なら、ほかの国との対戦だって見てみたいですよ。同じ国と何度もやるのでは、ただのアジアカップみたいでつまらないです。
何より、韓国とは、勝っても負けても後味が悪いんですよね。
これで、今度の準決勝でアメリカに勝つと、また韓国戦ですか・・・いいですよ、もう。

*

民主党の小沢代表に絡む問題は、取り上げるのも面倒になってきました。僕は小沢氏自体に興味がないですし、どうやら、ネット上の議論でも、民主党に疑問を持つ人は増えてきたようですから・・・。

ということで、麻生首相の話。
麻生首相はよくやっていると思いますが、こういう揚げ足を取りやすい発言をしてしまうのは、脇が甘いと言わざるを得ません。

▼引用開始(財経新聞) 2009.03.22.
麻生首相が発言=「株屋は信用されてない」「株をやると田舎ではあやしい」

 麻生太郎首相は21日の首相官邸で開かれた「経済危機克服のための有識者会合」の株価対策の懇談で「株屋は信用されてない」と発言し、さらに「株をやっていると言ったら田舎じゃ何となく怪しいよ」と強調した。

 問題の発言は、松井証券・松井道夫社長(56)の「株が悪だという雰囲気を、払拭(ふっしよく)する対応を具体的に出さないと直っていかない」とする発言に応じたもの。東京株式市場で株の下落が続く中、株価・浮揚対策の懇談の中で飛び出した。

 同席した日本証券業協会の安東俊夫会長(58)は麻生首相の「株屋」発言に「好ましいことではない」と不快感をあらわにした。
▲引用終了

株式投資は、個人の責任においてやっている分には、だれに非難されるものではないでしょう。
株式投資があればこそ、資金が集まり、開発や製造が出来る訳で、経済を活発化させることもできる。
発展を期待したい会社、有望な技術を持っている会社・・・そういう会社に投資をすることで、会社も投資家もWIN-WINの関係ができる・・・本来、株式投資とは、そうあるべきだろうと思います。
ただ、投資家のほとんどは、個人、団体に関わらず、「値上がりするか、値下がりするか」にしか興味がなく、その会社の永続的な発展を望んでいるわけではありません。
商品を生み出さず、サービスも提供せず、自分で価値を生み出さない、短期的な投資は、個人的には良いとは思っていません。
長期に渡って株を保有することを目的とする投資以外の、「デイトレード」やそれに近い取引での投資は、その会社の社員の努力に寄生しているものではないのかと思います。また、そういう取引は、ほとんどの場合、富を生み出した結果、利益が出るのではなく、単純に株式市場における富の奪い合いでしかありません。誰かが得をすれば、誰かが損をしているのです。
第一、普通に日中仕事をしている人だと、デイトレードのようなことはほとんど不可能です。せいぜい、毎日指値を設定して、証券会社に売買を任せる程度が限界でしょう。それ以上のことをやろうとすれば、本業に影響が出かねません。本業に影響が出るくらいなら、最初からデイトレーダーになった方がマシです。

また、今回のサブプライムローンの破綻に端を発する未曽有の不景気は、こういった証券会社や投資銀行、保険会社が「金融工学」の名の下に行った経済活動の結果であり、そういう会社の経営陣が莫大な利益を得、一方で価値を生み出してきたはずの製造業やサービス業の人々が割を食ってしまっている現実は、たとえそれが「現在の自由経済においてはやむを得ない」ことであるとしても、納得のいくものではありません。
証券会社は全体的に給料が良いイメージもありますし、実際、証券業は業種別生涯給料で34業種中第5位(会社選びで決まる年収格差の現実)ですから、給料は高い方でしょう。
自分では価値を生み出せない側の人間が、社会が生み出した利益を分捕っていくというのでは、貧困層は浮かばれませんし、共産主義や社会主義に流れていかざるを得ません。

ですから、僕の個人的な倫理感だけで言えば、麻生首相のいう「株屋は信用されてない」という主張は、あながち間違ってはいないと感じます。
実際、証券会社の人間でもない人が、ひたすら株価だけを気にしていたら、胡散臭いと言われても仕方ないでしょう。
また、話の経緯として、松井証券社長の「株が悪だという雰囲気を、払拭(ふっしよく)する対応を具体的に出さないと直っていかない」という発言に応じた形で、「現状では胡散臭いと思われている」と答えたまでで、本質的にそれほどの問題発言とは思いません。

しかし、何も言わなくてもいいような言葉を言ってしまう麻生首相の脇の甘さは、首相としては不安を感じざるを得ません。
麻生首相の歯に衣着せない発言が気持ちいいのは否定しませんが、もう少し言葉を選んで欲しいです。敵対勢力に、要らない突っ込み所を与えるだけですから。
タグ:麻生太郎
posted by 圭人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

経済制裁はもっと厳しくていい

カルデロン一家の件は、結論も出たようですし、問題がこれ以上こじれないようであれば、特に言及することもないでしょう。カルデロン一家や支援者がしょうもないことをしなければ・・・ね。
今回と似た事例が過去にあったという報道もありますが、それは、合法に入国し、滞在期限を超えてしまった「不法滞在」であり、カルデロン夫妻のように、最初から「不法入国」だったわけではないのです。
今回の両親は強制退去、日本で生まれ育った娘のみ滞在を認めるという処分は、日本政府が妥協できるギリギリの線ですし、本来は、娘の滞在も認めるべきではありませんでした。世界中を見渡しても、最大級の温情だったのです。

ただ、これだけ粘った結果としては、カルデロン=ノリコという少女にとって、いいことは何もなかったと思います。彼女の教育上も、彼女や、ひいてはフィリピン人全体に対する日本国民の持つ印象についても。
今回の場合、どの国でも強制送還が常識で、日本の対応はその法を曲げるという、かなり危うい対応でした。
それでも彼女の眼には、日本の対応は冷たく映ったかも知れません。
でもそれは、普通の国の対応よりずっと温かいものでした。
本来であれば、もっと以前に満足すべきだったのに、両親を含めた周囲の大人に利用された結果、問題の本質を理解する機会も、世界の常識を理解する機会も失ったのは、彼女自身にとって不幸です。
日本国民のフィリピン人に対する感情も、良くはならなかったでしょうから、彼女と両親のやったことは、結果として祖国に迷惑をかけることになりました。彼女は自覚はないでしょうが、それはフィリピンにとって、小さくない損失だったのではないでしょうか。

それにしても、日本に残りたい最大の理由である、「日本でしかできない将来に向けた勉強」ってなんでしょうね?
ダンスの先生になりたいんでしたっけ?
そのダンスって、日本舞踊じゃないですよね?
日本よりダンスの勉強に向いている国は、他にいくらでもありそうですし、ネットでちょっと調べただけでも、フィリピンにもダンススクールはありますね。
日本の伝統工芸を身につけたいとか、何かその分野の権威が日本にいるとかなら、日本に滞在したいという理由はわからんでもないんですが、ダンスって・・・日本に居たいという根拠には乏しいと思いますね。日本じゃなければならない理由がどのへんにあるのか、説明してもらいたいものです。
彼女はすでに中学生ですから、それくらいの説明はできるでしょうしね。

*

さて、北朝鮮がまた姑息な手段に出てくる可能性があるようです。卑怯なことをやらせたら右に出るものはない民族ですねぇ。

▼引用開始(MSN産経ニュース) 2009.03.17.
北が制裁逃れで拉致再調査? 頭悩ます日本政府

 北朝鮮が「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルの発射準備問題で、政府が対処法をめぐり頭を悩ませている。ここにきて「北朝鮮がミサイル発射前後に、拉致被害者の再調査を行う用意があると日本に通告する可能性がある」との情報が流れているためだ。

 政府はミサイルが発射された場合、対北制裁措置を強化する方針だが、強硬策を取れば「北が拉致問題で態度を硬化させる」(政府筋)とのジレンマもある。

 昨年8月の日朝公式実務者協議で、北朝鮮が約束した拉致被害者の再調査委員会は現在まで立ち上がっていない。始動すれば、日本も約束通り制裁措置のうち人的往来とチャーター航空便の乗り入れ禁止を解除しなければならない。

 政府は北朝鮮がミサイルを発射した場合、北朝鮮への全面輸出制限措置の発動など制裁を強化する方針だが、再調査が実施された場合は制裁強化と緩和を同時に実施することになり、整合性がとれなくなる懸念がある。このため、政府関係者は「今回の情報は、北朝鮮側の日本を揺さぶる狙いが透けてみえる」と指摘する。

 また、北朝鮮側には対北政策で連携する日米韓3カ国の間にくさびを打ち込む思惑もあるとみられる。ミサイル発射後の国連安全保障理事会では「もともと制裁決議に反対・慎重姿勢の中露に加えて、日本の態度を軟化させ、非難レベルが低い議長声明にしようと狙っている」(政府関係者)との分析もある。

 麻生太郎首相は16日、ミサイル発射と拉致問題の関係について「手の内を明かすことはしない」と述べるにとどめたが、外務省内には「ミサイル問題と拉致問題は根本的に違い、切り離して対応すべきだ」(幹部)との声もある。いずれにしても日本政府にとって頭の痛い問題だ。(尾崎良樹)
▲引用終了(2ページの記事を統合)

本当に姑息ですねぇ。その姑息さには感心しますが、振り回されるのはまっぴらです。
なんだかもう、やることがカス過ぎて、呆れるしかありませんよ。流石、半島民族。

そもそも日本政府が対処法で頭を悩ませる必要がどこにあるんでしょうかね?
まず、拉致被害者全員を日本に返すのが、北朝鮮の義務です。
拉致被害者の「調査」程度では取引のカードにもなりません。

ところで、今まで「経済制裁は北朝鮮には効果がない」と主張してきたマスコミとサヨク評論家の屑共は、どのように言い訳するんでしょうか?
わざわざこういう情報が流れてくるというのは、日本が実施する経済制裁が、北朝鮮にとって、非常に厳しいものになっていることを如実に表しているといえるでしょう。
ミサイル対策にも、拉致問題の解決への手段としても、日本の経済制裁は効果があります。
朝鮮総連の資産差し押さえや、パチンコ・パチスロの違法化も併せてやれれば一番いいんですがねぇ。
posted by 圭人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事:国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。